矢口真里「第2子」でも許されず!!ベッキーは「組織解体」…2大「不倫転落」美女の末路!

拡大画像を見る

 5月11日、元モーニング娘。でタレントの矢口真里(38)が、手島優(38)と運営するYouTubeチャンネル『矢口真里と手島優のやぐてじチャンネル』で、第2子を妊娠したことを発表した。

 矢口は「記者のみなさん、ご視聴してくれているみなさん、私、矢口真里、第2子を授かりました」と報告。「今もすくすくと育ってくれています」とし「生まれるのは今年中ですね。秋ぐらいの出産となります」と明かした。

 矢口は2011年5月に俳優の中村昌也(35)と結婚。しかし、2013年5月に自宅で元モデルの男性(現在の夫)との不倫中に中村が帰宅し、不倫相手の男性がクローゼットに隠れたと週刊誌に報じられ、その後、中村と離婚。2018年3月に現在の夫と再婚し、2019年8月に第1子の男児を出産している。

 そういった経緯もあり、今回の矢口の第2子妊娠というおめでたいニュースに対して、ネットには、「なんか複雑。元旦那を傷つけたのに自分だけ幸せになるって、図々しい奴が得する世の中だね」「初めから今旦那と結婚してれば悪いイメージもつかなかっただろうに、元旦那はめっきり見かけないし不憫だわ」といった厳しい声も上がっている。

「あの“クローゼット不倫”から8年が経つわけですが、いまだに矢口がメディアに出るたびに“許せない”という声が飛び交ってしまいます。ただ、ベッキー(37)も同じ状況にありますよね」(女性誌記者)

■バラエティ女王2人が不倫で失墜……

 矢口と同様、ベッキーも3月14日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演し、第2子を妊娠していることを発表した。

 ベッキーも、2016年1月の『週刊文春』(文藝春秋)に、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(32)との“ゲス不倫”が報じられ、多数のレギュラー番組とCM契約を失った。

 そのため、ベッキーの第2子妊娠発表に対しても、「彼女の行いで不幸になったり大変な苦労をされた方もいると考えると、発表することに違和感を覚える」「過去の戒めを忘れないでほしいですね。共犯はいるにしても、一つの家庭を壊し、傷つけ哀しませたのも事実」といった声が寄せられてしまった。

「矢口もベッキーも不倫報道前は好感度抜群で、多くのテレビ番組、CMに引っ張りだこでした。しかし、不倫が発覚したことで人気は一気に凋落。

 同じような失敗をやらかした2人が同じタイミングで第2子を妊娠。とてもハッピーなことですが、一部からはいまだに受け入れられていないということですよね……」(前出の女性誌記者)

■事務所内の「ベッキー班」は解体寸前

 バラエティ番組関係者は話す。

「全盛期に比べれば落ち着いていますが、ベッキーさんは第2子妊娠前、テレビ、ラジオ、雑誌と仕事をこなしてきました。しかし、今後は出産を控えて仕事をセーブして完璧なママモードに入るのではないでしょうか。

 不倫報道前、ベッキーはトップクラスの超売れっ子でしたから、所属事務所内には“ベッキー班”という部署があり、スタッフもたくさんいた。しかし、スキャンダルで仕事が激減してベッキー班は縮小していって、今では解体間際だといいます」

 ベッキーの夫は、読売ジャイアンツで三軍野手総合コーチを務めている片岡治大氏(38)だ。

「夫の収入は安定していますから、ベッキーさんの生活は家庭優先になっていくのではないでしょうか。彼女の現在の好感度などから考えると、ママタレでバリバリやっていくということも簡単ではなさそうですからね。

 一方の矢口さんの夫も、現在は一般企業で働いていて収入は安定している。出産後はママモードに入るのかもしれません。手島優さんとやっているYouTubeなど、できる範囲でタレント業も続けていくのではないでしょうか」(前同)

 10年ほど前、テレビで見ない日はなかった矢口とベッキーだが、主戦場としていたテレビで見られなくなる日も近いのかもしれない――。

関連リンク

  • 5/13 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    5/13 8:14

    コーチなんてすぐクビになるのに安定とか

記事の無断転載を禁じます