「恋人を心配するのはいけないことなの?」吉川愛“和子”は板垣李光人“周”を気遣うが…

拡大画像を見る

吉川愛と板垣李光人がW主演を務めるモクドラF『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第7話が、5月13日に放送される。

同ドラマは、一生懸命働くあまり自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者・和子(わこ/吉川)と、メイクもファッションも完璧で女性と見間違われるほど美しい青年・周のキュートなラブストーリー。ともに連続ドラマ初主演となる2人が、ありのままのお互いを受け入れ合い、2人で一緒に成長していく、新時代の理想のカップルに扮する。また、実力派俳優の水野美紀・桐山漣ら個性あふれるキャスト陣によるドラマオリジナルストーリーも展開、カラフルな恋愛群像劇が描かれる。

前回の第6話では、周とささめ(草川拓弥)のユニット「ユニコーンボーイズ」結成に「めぐるくんとささめくんユニットかわいい」「尊すぎ」「顔面強すぎ」といった様々な反応がインターネット上で見られた。

<第7話あらすじ>
周(板垣)は、子供番組のお兄さん・ゆうたん(永田崇人)と再会。周とささめ(草川)のユニット・ユニコーンボーイズの初仕事が、ゆうたんと3人でのトークショーに決まったのだ。ゆうたんは、以前周が番組にゲスト出演した際、本音でぶつかりながらも分かり合えなかった因縁の相手。トークショーの話を聞いた和子(吉川)は、周が再びゆうたんに傷付けられるのではないかと心配し、出演しない方がいいと止める。しかし周は、自分と考え方の違うゆうたんとしっかり向き合いたいと考えていた。

「私、助けに行けないよ?」

「僕、そんなに頼りない?」

和子と周の思いはすれ違ってしまい……。周の意志を尊重したいと思いながらも、恋人を心配するのはいけないことなのかと悩む和子。同期の春菜(五島百花)からは2人の関係が新しいフェーズに入ったのだと言われるが、これまでのラブラブ生活から一転、家に帰るのも気が重くなってしまう。

一方、あさひ(水野)の前に、「はじめまして」とキラ(桐山)が現れる。モデルではなくユニコーンボーイズのプロデューサーとしてあいさつに来たのだと言い、トークショーの招待状を手渡すキラ。キラと距離を置く決意をしていたあさひは冷たくあしらおうとするが、キラはあきらめない。あさひとキラの関係は、新しい展開を迎える!?

トークショーの準備が進む中、周はゆうたんと話し合おうとする。しかし、ゆうたんは拒絶。ささめは、ゆうたんと会ってから周の様子がおかしいと気付き心配する。周とゆうたんの溝は埋まらないまま、トークショー当日を迎える。そのトークショーの場に、ある人物が現れ……。

関連リンク

  • 5/13 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます