彼氏に甘えたい!【可愛く甘える】3つの方法って?

拡大画像を見る

「彼氏に甘えたいけど、恥ずかしくてどうしたらいいかわからない」「甘えて重いと思われたくない」という悩みはありませんか?
普段しっかりしたお姉さんのような印象を持たれる方にとって、甘えることは難しいですよね。また、お付き合いが長いとマンネリ化して彼氏に甘えることが素直にできなくなってしまうこともあります。
しかし、甘えるという行為は男性にとって、とても嬉しいことです。男性は甘えられると「頼りにされているんだ!」と思えます。より彼女を大切にしたいという気持ちにもなります。
そこで今回は、彼氏に可愛く甘える4つの方法をご紹介します。可愛く甘えて彼氏ともっとラブラブになっちゃいましょう!


軽めのスキンシップ

軽めのスキンシップは、女性らしい可愛さを感じさせることができます。人前でいきなり抱きついたりする激しめのスキンシップは避けましょう。「恥ずかしいからやめてほしい」と思う男性が多いです。
軽めのスキンシップでオススメなのは、彼氏の服を少しつまんでみることです。外出先や友人が一緒にいる場合は、これくらいの距離感でさりげなく甘えましょう。二人きりのときは、思い切って自分から腕を組んだり、手をつないだりしましょう。
普段、自分からあまりスキンシップをとっていない人は、状況を踏まえた上で上手にあまえていきましょう!


具体的な内容を伝える

「甘えようと思っても中々うまくいかないし、自分からスキンシップをとることも恥ずかしい」という人は、具体的な内容を上げて甘えてみましょう。例えば、「今日はお家で一緒に映画がみたいな」「甘いものが食べたいから、一緒にカフェに行かない?」などです。
男性は遠回しに言われてしまうと、頭が混乱してしまいます。要求は遠回しに伝えるのではなく、素直に伝えましょう。ここでは言い方がとても大切になってきます。命令のようにならないよう気をつけましょうね。
お願いを聞き入れてくれたときには、感謝や嬉しいという気持ちを伝えることも大切です。彼氏もあなたが喜んでいる姿を見れば、またワガママを聞いてあげようという前向きな気持になりますよ!


声はいつもより高めのトーンで

甘えて何かを頼むときは、いつもより声のトーンを高くしましょう。可愛らしい声を出すのに、抵抗がある人も多いでしょう。しかし、彼氏に「可愛いな〜」と思ってもらうためには声がとても大切です。
少しわざとらしいくらいでも大丈夫です。いつもと違う雰囲気をだすことで、男性もドキッとしますよ!


まとめ

彼氏に可愛らしく甘えたいと思ったら、今回ご紹介した3つの方法を試してみてください。うまく甘えられないで我慢を続けると、ストレスが溜まっていきます。彼氏との関係をいい状態で長続きさせるためにも、甘え上手になることが重要です。甘え上手な女性は、男性にも大切にされます。
最初は上手に甘えられなくても、何度も挑戦して慣れていきましょうね!(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/13 5:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます