先輩から【愛される後輩になる】方法4つとは?〜仕草編〜

先輩から愛される後輩になるには、普段の仕草もぜひ気を遣っていきたいポイントになります。
たとえば仕草が偉そうだったりすると、逆に印象が悪くなってしまいますよね。

先輩に好かれるうえで仕草は大事になってくるので、愛される後輩になるための方法「仕草編」はぜひチェックしてみてください!

(1)背筋はしっかり伸ばして姿勢よく


愛される後輩の仕草として重要なのは、普段から背筋をしっかり伸ばして姿勢よく過ごすこと。
というのも、猫背気味だったりすると、弱々しく感じられて印象も悪くなりがちだからです。

姿勢がよいだけで真面目そうな印象は強くなりますし、先輩から見ても好印象に見えることは多いでしょう。

(2)力仕事が必要なときは腕まくり


力仕事が必要なときは、腕まくりをしてやる気を見せるのがポイントです。
イメージ的には、それだけでやる気がしっかりあるフレッシュな後輩……という印象になりますよね。

重い荷物を運ぶときやたくさんの仕事を早くこなさなければならないときなどは、腕まくりをして積極的に仕事に取り組んでいきましょう。

(3)会計のときに財布を取りだす


おごられることを当たり前に思っている後輩は嫌われやすいので要注意。
そのため飲みに行ったときなどは、会計のときに自分から財布をササッと取り出す仕草をする後輩は好かれるものです。
「謙虚でいいやつだな」と思われやすいので、人としてそれくらいの仕草は当たり前にできるようにしておきたいですね。

(4)すぐにメモを取る


真面目な雰囲気あふれる後輩は、やはり先輩には好かれやすいものです。
すぐにメモを取るなどの仕草は、先輩から見て印象がよいものでしょう。

いい後輩をもったな……とふとした瞬間にも感じられやすいので、大事だと思った瞬間はすぐにメモをとることを意識したいですね。


先輩から好かれるかどうかには、普段の発言のみならず、普段のちょっとした仕草も関係してきます。
愛される後輩になる方法をまずは仕草から極めて、職場の人間関係を上手に構築していきましょう♪

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/12 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます