体の大きいアスリートの体型を“機能させる”ブランド「radicalstoicer」誕生


体の大きいアスリートの体型をファッションでも“機能させる”スポーツファッションのNew standardブランドがついに始動!アスリートの努力を起点とし、スポーツファッションにアップデートをもたらすブランド「radicalstoicer(ラジカルストイッカー)」が誕生した。

体が大きいからこそ似合うブランド


アスリートは体が大きく、特に肩まわり、腕まわりにストレスがかかったり、腹部周りも太く裾の長さも足りなかったりという課題があった。そこで同ブランドは、アスリートがよりカッコよくなるためのデザインやシルエット、生地などを本気で考案。

商品の生地は糸密度の高いもので厚みある生地を採用し、あえて体のラインを見せないデザインに仕上げ、シルエットは肩周りや腕周りに広くゆとりを持たせ、ストレスフリーに着こなせるオリジナルボディに。ロングTシャツは手首のリブを長くし、フィット感とゆとりのメリハリをつけ、モード感あるスタイルを実現させた。

アスリートの努力をファッションに機能させる

同ブランドの思想は、『Efforts Work For All』“努力は全てに機能する”。


アスリートと聞くと意識的にかっこいい、バランスの良い体をイメージするのが大多数かもしれない。しかし競技ごと、ポジションごとなど、個人が成果を出しやすい体型はそれぞれだ。

例えば、20%以上脂肪率がないと理想としている成果に繋がらない、といったこともあるため、一概にカッコいい体=最高なパフォーマンスに直結するわけではない。そんな成果主義なアスリートを“Stoicer”と定義し、“Stoicer”でもカッコよく着れるアパレルを本気で考えたのが「radicalstoicer」だ。

アイテムはXS・S・Mサイズの3サイズが登場しているが、XSサイズが通常のメンズLサイズほどの大きさ。既に数多くのアスリートが着用しており、その意見も参考にしていくという。

“努力”を起点に


「あなたがこれまでしてきた努力は無駄ではない、その努力はいずれ必ずどこかで機能する」とメッセージする同ブランド。


それぞれのジャンルで計り知れない努力をしてきた“Stoicer”がどんなステージでも輝ける人であるように、ブランドを通して共に挑戦していくという。

「radicalstoicer」のアイテムで、“機能する”新たな着こなしを体感してみては。

画像をもっと見る

  • 5/12 18:49
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます