【2021年春夏】きれいめカジュアルのカラーパンツコーデ!暑い季節も華やかに気分UP♪

拡大画像を見る

少しずつ暖かくなって、春から夏の日差しに変わってくる季節。まだ肌寒い季節は、デニムやモノトーンパンツのスタイルが定番だった人も、これからはカラーパンツを取り入れて日頃のコーディネートのマンネリ感を解消しましょう! トップスを変えずにボトムスをカラーパンツにするだけで自然とおしゃれがアップデートされ、夏らしい装いにブラッシュアップされます。 そこで今回は、手軽に季節感を出せるきれいめカジュアルな春夏コーデを紹介します! 色彩をプラスするだけで陽射しに映えて、鏡を見るときも自然とテンションもアガりますよ♡

スリットが映える!センタープレスのグリーンカラーパンツ


wear.jp(外部リンク)

スリット入りパンツは足元を軽快に導いてくれるので、使用頻度アップ間違いなしの夏の本命アイテム!
センタープレスが入っているときちんと感も出せるので、きれいめカジュアルにぜひ取り入れたい旬のデザインです。


ライトグリーンのパンツをトップスのモノトーンで引き締めるところがポイント。


今年も人気が続くシースルーのロングカーディガンは羽織るだけで今っぽく決まるので、気取らずにコーディネートできますよ。


女性らしさを印象づけるパープルのカラーパンツで華を添えて


wear.jp(外部リンク)

脚長効果のあるセンタープレスのパープルパンツなら、ボティラインを隠してくれるビッグブラウスをレイヤードしても重くなりません。


さらに、ブラウスはサイドに大きくスリットが入っているので、リラクシーかつ脚長効果が出せる嬉しいアイテム。

ブラウスとパンツというワンツーコーデの物足りなさに、クロップド丈ベストをレイヤードしたことで大人の可愛さが滲みます。


夏っぽさは出したいけど、肌はあまり露出したくないときにおすすめのコーディネートです。


ペールトーンの淡いカラーパンツで仕上げたふんわりスタイル


wear.jp(外部リンク)

ペールトーンの淡いシャーベットカラーでまとめると、軽快な印象に仕上がります。
シースルートップスにワンピースをレイヤードしたスタイルはこれだけでもOKですが、パンツを合わせることで、おしゃれ上級者に格上げしてくれます。


夏に多くのアイテムを重ねると不安になってしまいますが、トーンを控えて優しい色合いで統一し、シャリ感のある軽快な素材のものを組み合わせると、柔らかい印象に導いてくれますよ。


肌馴染みのいい万能カラーパンツはデイリー使いに必須


wear.jp(外部リンク)

脱・地味なスタイルを払拭できる強い味方として取り入れたいカラーパンツも、パステルでもスモーキーでもない、程よいさじ加減の色合いが持ち味のピスタチオカラーなら、普段使いの着回しに最適。


リラクシーなベージュのトップスに楊柳素材のさらりとた質感のチュニックを合わせると、隠したいヒップ周りまでカバーしつつ、女性らしいスタイリングが叶います。


リッチ感を失わないブラウンカラーパンツ


wear.jp(外部リンク)

ボトムスで引き締めたい時は大人カラーのブラウンを持ってくると、スマートな着こなしが叶います。
カジュアルなロゴTプリントに合わせているのは、センタープレスの入ったスラックス。


定番のワンツーコーデにモカカラーのボレロ風カーディガンを加えると、ボトムスとのコントラストが絶妙に効いて品の良い配色上手なおしゃれコーデに変身します。


着るだけで、ナチュラルな可愛さを取り込めますね。


元気を呼び込むカラーパンツはマスタード!質感選びで大人の着こなしを


wear.jp(外部リンク)

マンネリしたスタイルに加えるべきアイテムは、ちょっとした冒険カラー。
パッと存在感を主張したいときは、派手になりすぎないマスタードがおすすめです。


しなやかな素材のワイドパンツにシャリ感のあるブラウスを同系色でまとめると、セットアップのような組み合わせで新鮮。


長引くマスク生活に着映えする華やかなカラーを投入して、動き出した季節に彩りを添えましょう。


裾メローリブのカラーパンツなら履くだけで女子力アップ


wear.jp(外部リンク)

選ぶパンツにディティールやポイントがあると、着るだけでおしゃれに決まるので、コーディネートが楽になります。


毎日のコーディネートにひとさじアクセントを加えるなら、全体がリブで裾がメローフリルになっている愛らしいパンツがおすすめ。


ゴムウエストになっているのでTシャツでカジュアルに着こなしても、ブラウスを羽織ってきれいめにも着こなすことができますよ。


アンクル丈のカラーパンツで足元をスマートに


wear.jp(外部リンク)

足首を出してすっきり着こなせるアンクルパンツは、春夏のワードローブに1枚は加えておくと安心のアイテムです。


ボトムスを履く時はウエストやヒップ周りを隠してしまいがちですが、シャツをインにしてクラシカルなシルエットにすることで、より清潔感がアップしてきれいに仕上がります。


袖を通すだけで華やかさを呼び込んでくれる白ブラウスは、前後2WAY仕様のボタンのないバージョンですっきりと。
ボタン側をバックスタイルにすることで、表情豊かに見せることができます。


ボリューム袖からきゅっと引き締まった長めカフスまでのデザインが印象的で、空気感を捉えたふわりとした袖が甘さを取り込みます。

長めなカフスのシャープさと相まって、洗練された雰囲気になりますよ。



万能なグレーや肌馴染みのいいベージュは手放せない配色ですが、ともすれば夏にはどうしても暗くなりがち。


そんな時は夏に向かって華やかなピンクやパープル、爽やかなグリーン&ブルー、シトラスなイエローやオレンジなど、季節にあった配色を自在に楽しんでみて。


マスクで顔が見えない分、楽しいカラーを取り入れて外から元気をアピールしましょう!

関連リンク

  • 5/12 21:30
  • myreco

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます