彼氏とは違う?【結婚すると苦労する】男性を見抜くポイントを紹介!

拡大画像を見る

勘違いしている人が多いですが、実は「良い彼氏」と「良い夫」は必ずしも一致するわけではありません。どんなに相性が良くてラブラブな彼氏でも、結婚すると良い夫とは言えず、共同生活にストレスしかなく離婚してしまうカップルも存在しています。
ですが、恋は盲目と昔から言われている通り、恋愛中は相手の欠点に目を向けることが難しいでしょう。「もしかしたらダメかも」と思っても「愛しているから問題ない!」と入籍し、結果的に後悔してしまうケースもあります。
では、後悔しない結婚生活を送るためには、どの点をチェックすれば良いのでしょうか。結婚する前に必ずチェックしたいポイントを解説していきます。


整理整頓が苦手

恋愛中はデートと週末同棲くらいなので気付けないかもしれませんが、整理整頓が苦手な男性には要注意。
同棲してからも共有スペースを汚したままにしてしまいがちで、ストレスが溜まる可能性が高くなります。お互い、デートの前にはしっかり掃除をして相手を迎えるので見抜くのが難しいですが、男性の財布の中や鞄の中をこっそりチェックすると良いでしょう。
お札がグチャグチャで数ヵ月前のレシートが入れっぱなしになっているような財布や、お菓子のゴミなどが入っている鞄の男性は家の中の整理整頓も苦手な可能性が高いと考えられます。
同じ会社の人は、それとなく彼のデスクや引き出しの中、デスクトップを見てみるのもおすすめです。あまりにも汚い人は、そもそも整理整頓という概念がないのかもしれません。


店員さんに対して高圧的

よく言われていることですが、店員さんに対する態度も重要なチェックポイントの一つです。
店員さんが何か失敗をしてしまった時、大声で怒鳴って必要以上の賠償を求めるような男性は要注意。今はあなたに優しくても、次第にあなたのミスに対して高圧的な態度をとるようになるかもしれません。
優しい男性でも、一緒にいる時間が長くなるとモラハラを始めることもあるので、周りの人に対する態度でも判断するようにしてください。


不機嫌になると行動が雑になる

恋人同士であれば、意見のすれ違いから喧嘩をすることもあるでしょう。実はそんな時の彼の態度もチェックすべきポイントです。
不機嫌になった時、それを誇示するかのように大きな音を立ててドアを閉めたり、不機嫌さをアピールしながら別室に行ったりするような彼だと、結婚後も苦労するかもしれません。
自分の意見が却下された時や相手とぶつかった時、冷静に話し合いができないような男性だと苦労するに違いありません。結婚後は今よりももっと話し合うことが増えるため、そういった部分を協力して乗り越えられる男性を探しましょう。


「良い彼氏」と「良い夫」は違う!しっかり見極めて!

ラブラブな彼氏と結婚すれば、絶対にラブラブで楽しい新婚生活が待っているわけではありません。同様に、つまらないと思っている男性でも結婚すると魅力を発見して惚れ直すこともあります。
本当に今の彼氏と結婚して幸せになれるのか、彼氏との結婚生活を具体的に考えてシミュレーションしてみるのも大切です。人生を左右する重大な決断ですので、慎重に見極めてください。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/12 16:16
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます