シンプル・スピーティー・安心安全。VisaがApple Payの対応を日本で開始

拡大画像を見る

021年5月11日、VisaがApple Payへの対応を日本で開始すると発表されました。

Apple Payは、Appleが提供するデジタル決済サービス。VisaカードをApple Payに設定することにより、Visaのタッチ決済対応店舗、アプリやウェブ上などで、シンプルでスピーディーかつ安心・安全に支払いが完了します。

Apple Payは、モバイル端末でVisaのタッチ決済を実現するためのVisaのセキュリティ・プラットフォーム「Visaトークンサービス」を採用。「Visaトークンサービス」は、Visaカードの番号や有効期限などの情報を“トークン”と呼ばれるデジタル識別子に変換することで、ユーザーがモバイル端末を使用して買い物をする際に実際のカード番号を使わずに決済を行う技術です。これにより、スマートフォンの紛失や加盟店への不正アクセス等によるカード情報の流出を防ぐことができ、安心・安全なデジタル決済が可能になっています。

Apple Payの新規設定は5月11日よりスタート。また、現在Apple PayにVisaカードを設定している場合、今後、自動的にVisaの決済機能が利用できるようになりますが、利用開始のタイミングは各カード発行会社により異なります。

■サービス詳細

Apple Pay対応のカードの発行会社、設定方法他利用上の注意点

https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/featured-technologies/visa-apple-pay.html

利用可能店舗

https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/featured-technologies/contactless.html#5

Apple Payについて

https://www.apple.com/jp/apple-pay/

Visaについて

https://www.visa.co.jp/

(マイナビウーマン編集部)

関連リンク

  • 5/12 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます