【難読】“みずうま”ってなに? 「水馬」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「水馬」の読み方です。

“みずうま”? なにそれ? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「水馬」の読み方は?

「水馬」とあると、そのまま“すいば”と読むのかな、と思った人もいるでしょう。

実際、水馬(すいば)という馬に乗って水を渡る江戸時代の行事があるそうです。

しかし、「水馬」は意外な虫の名前を表す言葉でもあるんです。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“あめんぼ”とも読みます。

■「水馬」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「水馬」の意味は以下のように解説されています。

あめんぼ【水=黽/水=馬/×飴▽坊】

半翅 (はんし) 目アメンボ科の昆虫。中脚と後脚が体長より長い。池などの水面を滑走し、水面に落ちた昆虫を捕食する。体は飴 (あめ) のにおいがする。みずぐも。かわぐも。あしたか。あめんぼう。《季 夏》「夕焼の金板の上―ゆく/青邨」

「水馬」で“あめんぼ”と読むなんて、なかなか想像できないですよね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「水馬」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、漢字表記を意識したことがない言葉ですが、馴染みのある漢字の組み合わせで出来ているのを知れましたね。

調べてみると、馴染みのある漢字でできている意外な言葉がまだまだあるかもしれませんね。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 5/12 11:09
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます