TOKIO・国分太一、「おい! AD!!」とロケ中にブチ切れ! 弁当めぐりスタッフを怒鳴る“事件”発覚

拡大画像を見る

 今年4月1日より本格始動した「株式会社TOKIO」。TOKIO・城島茂が社長を務め、国分太一は副社長兼企画担当、松岡昌宏が副社長兼広報に就任し、3人で新たな事業に向けて動き出している。その一方、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)への出演など、タレント業も並行しているが、先日はロケ先で国分がスタッフに声を荒げる場面があったという。

 ボーカル・長瀬智也が3月末でジャニーズ事務所を退所し、3人組となって再スタートを切ったTOKIO。株式会社TOKIOの立ち上げ後は、『鉄腕!DASH!!』で縁のある福島県庁企画調整課内に「TOKIO課」が設置されたほか、4月21日には、うどんチェーンの「丸亀製麺」が展開する「うどんで日本を元気にプロジェクト」と、株式会社TOKIOの連携が明らかに。また、同社としての新たなビジネス「Make with TOKIO!一緒につくろうプロジェクト」の応募が5月17日よりスタートする(6月17日午後11時59分まで)。

 こうして、多忙な日々を送っている彼らだが、あるロケ現場でちょっとした“事件”もあったようだ。そのエピソードが語られたのは、城島がレギュラー出演するラジオ番組『アッパレやってまーす!~土曜日です~』(MBSラジオ)。5月8日深夜放送回にて、「崎陽軒」のシウマイ弁当に入っているあんずを「どのタイミングで食べるか」といったお便りが届いた流れで、“好きなロケ弁”の話に発展した。

 その中で、城島が「僕が好きなのね、『喜山飯店』っていうね、中華屋さんの(お弁当)。何が好きかっていうと、たまに温かいんですよ。普通、お弁当って、作ってて時間たって、冷めてるじゃないですか。お弁当ってそんなもんですよ。でも、(喜山飯店は)さっき作って持ってきましたっていう、できたてのあったかさの時ないですか?」と周囲に確認すると、同店の弁当が大好きだという共演者の日向坂46・齊藤京子が「あります、あります」と同調していた。

 さらに、城島は「ロケで冬は冷たいご飯だと胃、冷えるじゃないですか」と言い、「あったかみがね、うれしいんですわ~」と、ロケが多い仕事ならではの食事事情を告白。また先日、“朝からロケで遠方に行った時のエピソード”として、「朝早いから何が出せるわけでもなく、『朝弁、用意してます!』ってスタッフが言って。パッと見たらおにぎり2個」「コンビニで売ってる、おにぎりセットみたいな。唐揚げ2個ぐらい」の朝ごはんが出てきたとも説明。

「たぶん、朝早う発注して。発注っていうか、買いに行ったんでしょうね、ADさん。僕ら11時ぐらいに『じゃあ、お弁当いただきます』言うて。朝ですよ、午前中に。そしたら、おにぎりやったんで。お弁当かと思ったんですよ、感覚的に。昼前やし。そしたら、太一が『なんだこの弁当!』って怒鳴って。『おい! なんだこの弁当! AD!!』って」

と、ブチ切れた様子の国分を再現する城島。続けて「『うまそうじゃねぇか!』って」と、実際は怒っておらず、国分なりの冗談だったことを補足した。この“弁当事件”を聞いた、さらば青春の光・東ブクロは「ビックリしたわ!」と安堵し、尼神インター・誠子は「カッコいいな~」と国分の対応に感心していた。

 なお、問題のおにぎりセットは「みんなで食べながら、『うめぇな~』って(言ってた)」(城島)とのことで、東ブクロは「珍しいからですかね。逆にあんまり食べる機会なかったし。ちょっとテンション上がったんすかね」と、この時の国分の気持ちを想像。城島が「おなか減ってたんですよ、みんな。そういう時のおにぎり、ホント唐揚げ1個、2個って……」とつぶやくと、誠子も「ちょうどいいですよね」と共感。かたや、東ブクロは「ちょっとADさん、ビックリしたやろなぁ」と、国分の一言によって、一瞬ヒヤリとしただろうスタッフに同情していたのだった。

 こうしてスタッフへの気遣いを忘れず、お茶目な一面を兼ね備えているあたりも、TOKIOメンバーが愛される理由なのかもしれない。

  • 5/12 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます