スールシャールが優勝したマンCに賛辞…一方で過密日程には激怒「ありえない」

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ライバルであるマンチェスター・Cのリーグ制覇を受けてコメントした。11日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 11日、現在リーグで2位につけているマンチェスター・Uは4位のレスターをホームに迎えて対戦。宿敵マンチェスター・Cの優勝を防ぐには勝利を重ねるしかなったユナイテッドだが、ヨーロッパリーグも含めた過密日程を考慮して主力を休ませると、レスターに1-2と敗戦した。この結果、マンチェスター・Cの2シーズンぶりのリーグ優勝が決まっている。

 クラブを率いるスールシャール監督は、「我々が彼らにチャレンジを挑みたいのであれば、スカッドを強化しなければいけない」と力の差を認めつつ、「彼らを祝福したい。ファンタスティックなシーズンを送っていたね」とライバルに賛辞を送った。

 また、スールシャール監督はクラブを苦しめる過密日程に対して、このような言葉を口にし激怒した様子を見せている。

「こんなことは2度とあってはいけない。我々は木曜日、日曜日、火曜日、木曜日のようにはプレーできない。ありえないね。それが今日メンバーを変更した理由だ。我々の言うことは聞いてもらえていない」

関連リンク

  • 5/12 11:39
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます