ゼンハイザーから次世代イヤホンの最高峰、究極の音を実現した「IE 900」

拡大画像を見る

 ゼンハイザージャパンは、次世代イヤホンのハイエンド製品「IE 900」を6月1日に発売する。5月11日から予約受付を開始した。価格はオープン。店頭想定税別価格は16万2800円。

 IE 900は、完璧な音質の追及に一切の妥協を排し、デザイン、エンジニアリング、クオリティコントロール、すべてで細部にまでこだわった次世代ポータブルハイファイオーディオの新たなフラッグシップとなるモデル。
 レスポンスの良い低域から、繊細な高域の描写まで、すべての周波数帯域でクリスタルのような透明感あふれるエレガントでニュートラルなサウンドを再現。とくに、4kHzと10kHz以上の高域では、人気モデルの「IE 800S」からさらに進化し、歪みのないより自然でクリアな音を実現している。
 ハイエンドなサウンドを実現するために、優れた音響技術、エンジニアリング、設計、素材、クオリティコントロールを高い水準で融合。自社開発の高性能シングルダイナミックドライバーは、左右の位相の良さ、全帯域でのつながりの高さ、存在感のある低域の量感、音の抜け感、高域の再現性に優れている。
 また、新生フラッグシップTrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサーと三つのレゾネーターチャンバー、アコースティックヴォルテックスを搭載した新たなX3Rテクノロジーにより、革新的なリスニング体験を提供する。
 厳しい公差基準を設け、寸分のずれもない精巧なアルミブロックの削りだしから作られたハウジングに、三つのレゾネーターチャンバーとアコースティックヴォルテックスを搭載。それぞれのチャンバーは、各一定の周波数帯域のレスポンスを向上させマスキングと歪みを抑える。そして、アコースティックヴォルテックスで自然に広がるサウンドを創出する。
 磨きをかけたメンブレンフォイルは高内部損失を追求し、自然発生的に起こる不要な共振と歪みを最小限に抑え(THD:0.05% 94dB、1kHz)、フラッグシップTrueResponseトランスデューサーにふさわしい安定感のある音質体験を提供。また、新たに再設計をしたボイスコイルは、マグネットシステムのパフォーマンスを向上し、高域での自然でクリアなサウンドを引き出す。
 安定感と耐久性、より質の高いサウンド体験を確かなものにするために、コネクターはゴールドプレートのFidelity Plus MMCXコネクターを採用。さらに、ケーブルは特殊素材(パラアラミド)により数千回の折り曲げに耐えることができる高い耐久性を備えている。

関連リンク

  • 5/12 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます