ちょっとやる気のないデートで、男性にバレない「ギリギリの手抜き」9パターン

楽しいはずのデートですが、時にはあまり気分が乗らず、準備不足のまま挑むこともあります。そんなとき、男性にはバレない程度の「手抜き」をする女性は意外といるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「ちょっとやる気のないデートで、男性にバレない『ギリギリの手抜き』9パターン」をご紹介します。

【1】男ウケを意識するのが面倒で「とりあえずジーンズを穿く」
「気がつくとジーンズを選んでる」(20代女性)など、やる気のない日のデートでは男性好みの服を考えるより、コーディネートが楽なジーンズを穿く女性が多いようです。普段の服装にもよりますが、男性のテンションも若干低下する可能性は高そうです。

【2】どうせ肌を見せないから「ムダ毛処理をしない」
「デートの前日からすでに気を抜いている」(20代女性)など、作業に手間のかかる「ムダ毛処理」が面倒という意見も。ただし、薄着になるシーズンは、脇の処理が甘いなど油断しすぎると男性がドン引きしてしまう可能性があるので注意しましょう。

【3】メイクに気合を入れずに済む「伊達メガネをかける」
「大きいアラレちゃんメガネをかけると、かなり誤魔化せる」(20代女性)など、本気のメイクをするのが面倒くさい日は、大きい伊達メガネをかけてオシャレに手抜きをする女性もいるようです。ただし、似合わないと「変装?」と思われてしまうかもしれません。

【4】コーディネートを考えたくなくて「普段と同じファッション」
「前回のデートと同じ格好をしちゃう」(20代女性)など、デート用のコーディネートを考えるのは意外と大変なもの。普段と同じ格好は安定感がありますが、そのデートを特別な思い出にするのは難しそうです。せめて連続で同じ格好は避けたいものです。

【5】寝癖を直す手間を省きたくて「髪をまとめる」
「むしろ寝癖を活かす方向でアレンジする(笑)」(20代女性)など、セットに時間のかかる巻髪やくせ毛伸ばしをせず、しっかり髪をまとめる女性も多いようです。最低限、デートの行き先に合わせた髪型を心がけるとよさそうです。

【6】おシャレを締めくくるひと手間がわずらわしい「香水をつけない」
「いつも玄関でつけるのに、忘れちゃうのが自分でも不思議」(20代女性)など、無意識のうちに「香水」をつけ忘れるという人もいるようです。うっかり忘れてしまうなら、小さめの香水のビンをカバンに忍ばせておいてもいいでしょう。

【7】無駄に疲れるのがイヤで「ヒールの低い靴を履く」
「ハイヒールは気合を入れないと履けない」(20代女性)など、デートへのやる気とヒールの高さが比例する女性も少なくないようです。スニーカーなどを選んだ場合は、男性に「今日はたくさん歩けるよ」と伝えることで、逆に好印象を与えられるかもしれません。

【8】必要最低限で済ませたいから「メイクは眉毛だけ」
「本気でフルメイクすると2時間かかるけど、眉毛だけなら5分で終わる」(20代女性)など、メイクの手間を省く女性は多いようです。男性のなかには「すっぴん」を好むタイプもいるので、相手によっては喜ばれるかもしれません。

【9】「アイロンをかけていないハンカチ」をバッグに放り込む
「これに気がつく男性って多分少ない」(20代女性)など、ハンカチにアイロンをかけるのが面倒で、シワのついたまま持っていくという意見も。ただし、彼が飲み物をこぼしたときにすかさずハンカチで拭くといった「女子力高めの行動」には出られません。

ほかにも、「ちょっとやる気のないデートで、男性にバレない『ギリギリの手抜き』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/12 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます