もう泣くのは嫌!別れるべきかもしれない【ダメ彼氏】の特徴って?

拡大画像を見る

彼に泣かされてばかりなのに、なかなか別れられない人はいませんか?これ以上傷つかないように、別れるべき彼氏の特徴を知っておきませんか?今回は典型的な「ダメ彼氏」の共通点を紹介します。


自分のことが好きすぎる

自己肯定感が高いのはよいことですが、自分への愛が強すぎるのは考えものです。自分が大好きな人は「何事においても優先されたい」という欲求を持つ傾向があります。何よりも自分が最優先のため、相手の気持ちを考えることができません。自分の思い通りにならないと不機嫌になったり、イライラしやすいのも特徴です。そんな彼氏とずっと一緒にいれば、気を使うばかりで疲れてしまうのは当然でしょう。


小さなことでもすぐ怒る

ダメ彼氏は「自分が一番」という意識を持っていることが多いです。どんな場面でも自分がルールなので、自分の価値観に合わないことに対してすぐに怒ります。他人からすると「そんな小さなことで?」というときもあれば、そもそも何に怒っているのかわからないケースもあるでしょう。何がきっかけで怒りのスイッチが入るか予測できないため、常に彼の機嫌をうかがわなければいけません。


お金に対してルーズである

ダメ彼氏は自分に甘いことが多く、その甘さがお金の使い方に反映されます。お金を貯めるのが苦手だったり、収入以上のお金を使ったり、金銭面がルーズになりがちです。誠実できちんとした性格なら、お金のこともしっかりと管理できているはず。「金遣いが荒い」「いつもお金に困っている」といったことがあれば、ダメ彼氏の可能性が高いです。


平気で嘘をつく

ダメ彼氏は損得勘定で物事を考える傾向があり、自分が損するような場面では平気で嘘をつきます。罪悪感なく嘘がつけるということは「彼女に誠実であろう」という意識がないということ。初めは小さな嘘の繰り返しでも、いつの間にか浮気などの大きな裏切りを働くかもしれません。嘘ばかりで誠実さが感じられないなら、長く付き合いを続けていくことは難しいでしょう。


別れたほうがいいダメ彼氏の特徴を紹介しました。男性としてはもちろん人としても尊敬できない言動ばかりなら、早めに別れるべきかもしれません。4つの共通点を参考にしてダメ彼氏かどうかを見極めてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/12 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます