井ノ原快彦『特捜9』に極太暗雲!!韓流リメイク、『VS魂』も…Jゴリ押し悲惨末路!

拡大画像を見る

 5月5日、V6の井ノ原快彦(44)が主演を務めるドラマ『特捜9 season4』(テレビ朝日系)の第5話が放送され、平均世帯視聴率が12.9%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが明らかになった。

 ドラマは初回から5話連続で視聴率2桁台をキープしており、今シーズンも多くの視聴者から注目を集めていることがうかがえる。

 しかし、第3話では津田寛治(55)演じる村瀬健吾が何者かに刺されるという衝撃の展開に。村瀬は一命をとりとめたものの重傷を負っており、現在は村瀬抜きでストーリーは展開している。

 5月11日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、これは津田がドラマを降板するための伏線だと報じている。津田については、以前からドラマ『特捜9』シリーズから降板したがっているという報道もあった。

 同ドラマの前身は2006年から2017年まで放送されていた『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)で、主演を務めていた渡瀬恒彦さん(享年72)が2017年3月に逝去したため、『9係』に出演していた井ノ原が引き継ぐ形で『特捜9』がスタートした。

 ところが、2019年放送のシーズン2から、番組の若返りを図るために『9係』時代から作品に関わっていたベテランの監督やプロデューサーが外されてしまったと、2020年4月の『週刊女性』では報じている。

 また、シーズン3終了後には『9係』時代から唯一残っていたプロデューサーのA氏も現場から外れることになったという。

■渡瀬恒彦さんの頃のドラマとは様変わり……

 2020年4月の『週刊女性』では、井ノ原が所属するジャニーズ事務所が、さらなる番組若返りのため、スタッフの一新や功労者であるA氏を“切る”ことを提案したと報じている。

「『週刊女性』が報じたように、A氏が実際に切られたわけですよね。こうしたベテランスタッフを外すという人事に強く反対していたのが、津田だったといいます。津田は信頼しているスタッフが次々といなくなり、ドラマを続けていく意義を感じられないと、シーズン3で降板を決めていたそうです」(芸能記者)

 その津田を引き留めていたのがA氏だったという。

「ところが、A氏は今年2月に急逝してしまったんです……。津田はA氏のためにもシーズン4に出演することになったものの、今シーズン限りで降板することになるのではないでしょうか。

 ただ、津田が演じる村瀬は『9係』時代から物語に関わってきた重要な役どころです。津田が降板するとなったら、渡瀬さん時代からのドラマのファンは悲しむでしょうね」(前同)

 主演の井ノ原やドラマの制作陣は津田を必死に引き留めているというが、津田の「降板する」という意思は堅いと『週刊女性』では伝えている。

「ジャニーズ事務所の意向でベテランスタッフを外し、『特捜9』は危機を迎えているということですよね……。これまでも、ジャニーズのゴリ押しが垣間見え、批判されてしまった番組は少なくありません。

 関ジャニ∞の大倉忠義(35)が主演を務めた『知ってるワイフ』(フジテレビ系)にも辛辣な声が寄せられてしまいました」(芸能プロ関係者)

■グループメンバーのゲスト出演に「内容で勝負してほしい」

 今年1月クールに放送された『知ってるワイフ』は、結婚生活に限界を感じた恐妻家の夫が、妻と結婚する前にタイムスリップして未来を変えるというストーリーで、夫を大倉が、妻を広瀬アリス(26)が演じた。

「ドラマの視聴率は2桁に届かず、厳しいものでしたが、視聴者の満足度は高かったんです。それは同作が韓国で人気を博した同名ドラマのリメイクだったから。

 ベースにはしっかりと練り込まれたストーリーがあったんです。ところが、最終回となる11話にスペシャルゲストとして関ジャニの丸山隆平(37)が登場したんですよね」(前出の芸能プロ関係者)

 ジャニーズファン、関ジャニファンからは歓喜の声が上がり、ツイッターでは「丸ちゃん」がトレンド入りするほど盛り上がりを見せた。

 しかし、ドラマを楽しんできた視聴者からは、「ジャニ出演作品のこういうところがちょっと苦手」「関ジャニにそこまで興味ないから内輪受けきつい。内容で勝負してほしい」といった厳しい声が上がってしまった。

「韓流リメイク作品で言えば、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)にも批判的な声が寄せられてしまいました」(前同)

■平野紫耀&中島健人はパク・ソジュンに完敗……

 King&Prince(キンプリ)の平野紫耀(24)とSexy Zone(セクゾ)の中島健人(27)がダブル主演を務めたドラマ『未満警察』は、初回と最終回こそ世帯視聴率2桁を記録したものの、それ以外は1桁台にとどまった。

「若手ジャニーズではトップクラスの2人が主演を務めたわけです。また、ドラマがスタートする前には大々的な告知もしていましたから、もっと数字が取れてもおかしくはありませんでした。しかし、ストーリーも平野と中島についても“本家に劣っている”という評価が少なくなかったんです」(女性誌記者)

『未満警察』は、韓国で2017年に公開された映画『ミッドナイト・ランナー』のリメイク作品で、本家の主演は『梨泰院クラス』で日本でも一気に知名度を高めたパク・ソジュン(32)とカン・ハヌル(31)が務めている。

「日本版では平野と中島が上半身裸になるシーンがジャニーズファンからは特に好評でした。しかし、韓国版でもパク・ソジュンとカン・ハヌルが上半身裸になるシーンがあるんです。

 2人は平野と中島とは身長からして大違い。パク・ソジュンは185cm、カン・ハヌルも180cmでガタイもよく大柄なのですが、平野は171cm、中島も176cmと本家に比べてスケールが小さく、華奢なんです。そうなると、平野と中島の肉体美がいくらすごいとしても、本家に比べると見劣りしてしまうわけです」(前出の女性誌記者)

■バラエティ番組でもゴリ押し!?

 ストーリーも韓国版は臓器売買などの重いテーマを扱っている一方、日本版は放送時間帯の関係もあるのか、そこまで骨太なものではなかったという評価もある。

「そのため、途中で見るのをやめてしまったファンもいたようです。ジャニーズファンは平野と中島を擁護するかもしれませんが、韓流と同じ世界観はジャニーズタレントでは描けない。韓国のオリジナル版を知っている人からすれば、“スケールダウン感”は顕著に感じられてしまったでしょうね」(前出の女性誌記者)

 ドラマだけではない。バラエティ番組でもジャニーズの“ゴリ押し”が垣間見えるものもあるという。制作会社関係者は言う。

「『VS魂』(フジテレビ系)は、もうゴリゴリの“ジャニーズタレント宣伝番組”ですよね」

『VS嵐』の終了を受け、1月3日よりスタートした『VS魂』では嵐の相葉雅紀(38)がキャプテンを務め、副キャプテンには風間俊介(37)が就任。レギュラーメンバーとしてジャニーズWESTの藤井流星(27)、キンプリの岸優太(25)、セクゾの佐藤勝利(24)、美 少年の浮所飛貴(19)が抜擢された。

■『VS魂』はさえない視聴率を連発……

『VS魂』がジャニーズのゴリ押しとはどういうことか。

「『VS嵐』は嵐の冠番組だったわけですが、嵐が活動休止に入った今、そのフォーマットを継承してスタートしたのが『VS魂』です。ただ、『VS嵐』は嵐という国民的グループ抜きでは成立しない番組でした。圧倒的人気を誇る特別な5人がいるからこそ成立していた。

 ところが『VS魂』は、前番組の枠組みだけを残し、ジャニーズ事務所が若手タレントを売り出すための番組になってしまっているんです」(前出の制作会社関係者)

 ここ最近、『VS魂』の平均世帯視聴率は6%台が当たり前になっており、テレビ局が重視しているという個人視聴率もさえない数字が続いているという。

「ゴールデンの時間帯に6%台というのはかなり厳しい。活動休止に入る前、『VS嵐』の視聴率は11%前後でした。活休バブルがあったにせよ、今の『VS魂』の6%台というのは、5ポイントも落としているわけで、相当数の視聴者が離れたのは明白。そして、フジテレビが重視する13歳から49歳の“キー特性”の数字も、同時間の日本テレビと比べると半分以下です。

『VS魂』の相葉さん、すでにベテランの風間さん以外のレギュラーメンバーは、ジャニーズ事務所が今後、売り出していきたい若手ですよね。他番組でも活躍の多いキンプリの岸さんはまだしも、藤井さん、佐藤さん、浮所さんは、ジャニーズファン以外からすれば、“誰?”という知名度です。そういう存在のタレントが普通にゲームをしていても、一般の人は見ないでしょう。だからこその低視聴率ですよね。

 若手を売り出したいというジャニーズサイドのゴリ押しの結果、キャプテンの相葉さんは苦しい戦いを強いられていますよね」(前同)

『特捜9』も『VS魂』も、番組存続の危機を乗り越えられるか!?

関連リンク

  • 5/12 8:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ユウキ

    5/13 12:41

    丸山は最終回にちょっと出ただけでしょ? 批判があったような記事にすれば注目されると思ってるなら頭悪い。

  • トリトン

    5/12 12:36

    まあ渡瀬のときよりは落ちるわな。ウルトラマンガイヤのへんまでは良かったですね、

記事の無断転載を禁じます