松田龍平“八作”の言葉に様々な反応、谷中敦にも「悪役が冴えてました」の声…「大豆田とわ子と三人の元夫」5話

拡大画像を見る

松たか子主演、坂元裕二脚本による「大豆田とわ子と三人の元夫」第5話が5月11日放送。今回は松田龍平演じる八作に様々な反応が寄せられるとともに“4番目の夫候補”として登場した門谷には怒りの声、彼を演じる谷中敦の演技には多数の賞賛が集まっている。

3回結婚して3回離婚したバツ3で子持ち、住宅建設会社「しろくまハウジング」の社長の大豆田とわ子を松さんが演じ、とわ子が三人の元夫たちに振り回されながらも、日々奮闘するたまらなく愛おしいロマンティックコメディーとなる本作。

奥渋谷でレストランのオーナー兼ギャルソンをしているとわ子の最初の夫、田中八作に松田さん。ファッションカメラマンで二番目の夫、佐藤鹿太郎に角田晃広(東京03)。とわ子の会社の顧問弁護士で三番目の夫、中村慎森に岡田将生。とわ子と八作との間に生まれた娘の唄に豊嶋花。破天荒な人生を歩んできたとわ子の親友、綿来かごめに市川実日子。八作の親友の彼女、三ッ屋早良に石橋静河、古木美怜に瀧内公美、小谷翼に石橋菜津美。松林カレンに高橋メアリージュンといったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
しろくまハウジングに話題のイベント会社からアートイベントの仕事が舞い込む。華やかな仕事に若手が盛り上がるなか、先方の社長・門谷(谷中敦)が“バツ3”であることを告白、とわ子と意気投合。一方、門谷は予算の事になると話をはぐらかすのだった。そんななか、とわ子は自分のバースデーサプライズを社員たちが準備していることを知ってしまう。さらに門谷からプロポーズされ、離婚の原因となった八作の“片思い”の相手がかごめであることにも気づいてしまう…というのが今回のストーリー。

唄はとわ子のために元夫たちのメッセージ動画を撮影。そこで八作は「大豆田とわ子はずっと最高です」と語る一方で、かごめにずっと片思いもしていた…「"大豆田とわ子が最高"なのは本音なんだろうな、でもかごめちゃんを好きなんだろうな。」「八作はかごめが好きか~~~。でもとわ子のことも別のベクトルで好きだし、尊敬もしてる。」「八作がかごめちゃんのことを好きなのだとしても、「大豆田とわ子はずっと最高です」って言う言葉にも嘘はないように見える」など、SNSには八作の気持ちを慮る視聴者からの声が続々と投稿される。


一方、追加予算の話をはぐらかし1億に及ぶ損害をしろくまハウジングに与え、とわ子を「可哀想な女性」呼ばわりし「僕にとって離婚は勲章だけど、あなたにとっては傷」と侮辱する門谷には「け!い!や!く!し!ろ!!!」「大豆田とわ子はかわいそうなんかじゃないです!」「結婚前にモラハラがわかってよかったね大豆田とわ子!!!でも会社の契約はどうなるの大豆田とわ子!」「何なんだ、この男。何故勝手に人の人生決めつけることができるんだろ」など怒りのコメントが殺到。

そんな門谷を演じるのは「東京スカパラダイスオーケストラ」の谷中さん。



谷中さんのTwitterには「めっちゃカッコ良かったです ちょっと引きましたけど」「ドラマでのレアな谷中さん 性格悪い役でもカッコ良かったです」「俳優谷中敦さんの悪役が冴えてました!」など、その演技を讃える声が多数送られている。

(笠緒)

関連リンク

  • 5/11 23:20
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます