マンCラポルテ、スペイン代表への変更が目前に…フランス代表選択も出場はゼロ

拡大画像を見る

 マンチェスター・Cに所属するフランス代表DFアイメリク・ラポルテは、代表チームを変更する可能性があるようだ。11日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 ラポルテはスペイン北部バスク州にルーツを持つ26歳。スペインとフランスの国籍を持っており、ユースの各年代からフランス代表としてプレーしてきた。ディディエ・デシャン監督が率いるA代表には2016年10月に初招集されたものの、これまでに出場を記録したことがなく、2021年3月の代表チームにも選出されていなかった。

 この状況に目をつけたスペインサッカー連盟(RFEF)がラポルテに連絡を取ったところ、同選手は“ラ・ロハ”(スペイン代表の愛称)でプレーする意思を示したという。RFEFはスペインのスポーツ高等評議会(CSD)の支援を受けて、同選手の代表変更に向けた手続きを行い、11日に承認された模様。残すは国際サッカー連盟(FIFA)の審査のみだが、FIFAが要求する条件は全て満たしており、審査は形式的なものになると『マルカ』は伝えている。

 スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督は早速、開幕まで残り1カ月のEURO2020でラポルテを招集するようだ。EURO2020は新型コロナウイルスの影響を考慮して26名までの招集が認められており、ラポルテを含めた5人のセンターバックを招集する可能性があるという。

関連リンク

  • 5/11 23:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます