スズメのお世話をし続け半年後… 窓際の『光景』に19万人が感動

拡大画像を見る

昔から日本には『動物からの恩返し』をテーマにした童話やいい伝えが数多く存在しています。

人間が思う以上に、動物の情は深いものなのかもしれません。

野鳥が過ごしやすい庭作りを目指している、ゆるる(@umechocomint)さん。

庭にはスズメたちが頻繁に来るので、安心して過ごせるよう、農薬を使わず、エサになる虫を増やしたり、毎日水場をきれいに維持したりなど、お世話をしているそうです。

スズメたちが庭を訪れるようになって半年が過ぎた頃、ゆるるさんは嬉しくなる光景を目にしました。

その時の写真をTwitterに投稿したところ、19万件もの『いいね』が寄せられています。

なんと、スズメが産まれたヒナを連れて、庭に遊びに来てくれたのです!

スズメはまるで、ゆるるさんに「うちの子よ」と見せるように、窓のすぐ近くまでヒナを連れて来てくれたのだとか。

思わぬプレゼントに、ゆるるさんも感動してしまったといいます。

投稿を見た人たちからは、「スズメの恩返しみたい!」といったコメントが寄せられました。

・素敵な場面!スズメさんのお礼参りや恩返しみたいですね。

・かわいい~!うちにもツバメが毎年巣作りをしに来ますよ。

・わー!これは感動ですね。「ここはいい所だから覚えておくのよ」って教えているのかも。

ヒナたちは、親からエサの取り方を学んでいたとのこと。スズメにとって安全な場所でないと、幼いヒナを連れては来ないでしょう。

いつまでも、温かく見守りたい光景ですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @umechocomint

関連リンク

  • 5/11 17:55
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます