同僚は冷静に観察している!社内恋愛を見抜く瞬間9パターン

他人の恋愛に関して、勘が鋭い女性は多いもの。そのため、「えっ、そんなことで!?」と思うようなポイントから、社内恋愛に気づくこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「同僚は冷静に観察している!社内恋愛を見抜く瞬間9パターン」をご紹介します。

【1】二人とも職場の仲間とSNSでつながろうとしないとき
「プライベートで知られたくないことっていったら…」(20代女性)というように、SNSで社内の仲間とつながらないと、私生活で同僚に隠したいことがあるのだと邪推されるようです。「やっていない」という嘘はいずれバレてしまうので、投稿の公開範囲を限定するなど、つながった上で細かく設定し直しましょう。

【2】流行語でもないのに同じ口癖があったとき
「カップルって話し方も似ますよね」(20代女性)というように、口癖やよく使う単語などから、親しい関係性を特定されることもあるようです。話し方に特徴のある男性と付き合う際は、影響されないよう気を付ける必要があるでしょう。

【3】ためらいなく間接キスをしたとき
「『一口ちょうだい』って言ったのを聞いて、怪しいと思った」(10代女性)というように、職場での付き合いの範疇では、ただの同僚との間接キスは「ありえない」とされているようです。いつもの習慣はつい出てしまうものなので、用心するならランチなどで同席しないほうが賢明でしょう。

【4】名前を言いよどんだとき
「今、絶対あだ名で呼びそうになったでしょ!と突っ込みたくなります(笑)」(20代女性)というように、名前を呼ぶ際にためらいがあると、「迷う選択肢があるのかも」と勘繰られるようです。どうしても社内恋愛に気づかれたくない場合は、プライベートと社内での呼び名を変えないようにしましょう。

【5】自転車の鍵のキーホルダーなど人目につかないものがお揃いだったとき
「異性とお揃いってだけで偶然性が低い」(20代女性)というように、どんなに小さなものであっても、お揃いのアイテムは注目されてしまうようです。ものによっては、ブランドが同じなだけでも疑惑の対象になるので、社内恋愛中の彼氏へのプレゼントは慎重に選んだほうがいいでしょう。

【6】喫煙室にわずかな時間差で入ったとき
「二人で喋りたいことがあるのかなと思ってしまう」(20代女性)というように、喫煙というもっともらしい理由があっても、異性の同僚と二人きりになれば疑われても仕方がないでしょう。そう考えると、給湯室に二人きりで長居するのも控えたほうがよさそうです。

【7】同じ柔軟剤の香りを漂わせていたとき
「他人の匂いは結構印象に残る」(20代女性)というように、香りに敏感な女性は多いため、見た目ではわからないことだからといって安心はできないかもしれません。下着や私服であれば問題ありませんが、彼氏のワイシャツを自分の部屋で洗濯するのは避けたほうがよさそうです。

【8】彼氏、彼女の話を避けようとしたとき
「社交的な人が隠すと余計に怪しい」(10代女性)というように、特段秘密主義でもない人が恋人の話をせずにいると、どうしても不自然さがにじむようです。大きな嘘にならない範囲で、「年下で1年くらい付き合っている」などと情報を小出しにしたほうがいいかもしれません。

【9】社内イベントなどでほとんど会話をしないとき
「『逆に変だな』と疑ったことがある」(20代女性)というように、周囲に知られまいとしてガードを固めると、それがきっかけで気づかれることもあるようです。警戒心からおかしな態度をとっていないか、自分たちの行動を見直してはいかがでしょうか。

社内で意図的に二人きりになったり、恋人の存在をひた隠しにしたり。社内恋愛カップルはどこか不自然な行動をとってしまうようです。「自分たちは大丈夫」と自信満々でいるのは、少し危険かもしれません。(小倉志郎) 【調査概要】 期間:2014年9月9日から12日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/11 17:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます