二宮和也、中居正広に「お前、電話切るの早い!」と怒られた! 社会マナーを「逐一教えてくれる」存在と感謝

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)が5月9日に放送された。この日は二宮が過去、中居正広に怒られたある行動について明かした。

 きっかけとなったのは、「電話で失敗したエピソード」について話していた際のこと。以前、二宮がマネジャーに預けていたスマホを返してもらい、顔認証でロックを解除しようとしたものの、なぜか解除できず。戸惑っていると、マネジャーが間違え渡していたようで、そのスマホは相葉雅紀のものだったそう。二宮は、「あり得なくないですか? それまでずっと間違えてなかったのに……」と困惑していた。

 「電話(で失敗のエピソード)って、それくらいしかない」と話していた二宮だが、ディレクターと話しているうちにエピソードを思い出したようで、「中居くんに電話する用があって」と、あるとき話したことがあったと告白。

 要件が済んだため、「じゃあ、ありがとうございます。またお願いします。失礼します」と言って切ったあと、二宮がゲームなどをしていたところ、中居から折り返しの電話が掛かってきたという。

 二宮は「なにか言い忘れたのかな?」と思いつつ電話を取ると、開口一番「お前、早い」と先の通話について指摘されたそう。二宮が「はい!?」と戸惑っていると、中居は「電話切るのが早い」とあらためて注意。

 電話のマナーでは、目上のほうが切るのを待ってから切るのがよしとされているが、それを知らなかった二宮は、中居から「お前、一番切るの早い!」と怒られてしまったという。二宮は慌てて「すみません!」と謝ったというが、「あの人ね、本当そういうの逐一教えてくれるんですよ」と、中居は一般マナーを細かく教えてくれる存在だと告白。「『先輩からもらった電話だとしても、先輩が切るまで切っちゃだめだよ』って」と、中居に教えられたことを振り返ったのだった。

 そんな中居とは、今も事あるごとに電話しているといい、「わざわざ折り返して。じゃないと伝えられないじゃないですか。ありがたいですね」と、あらためて感謝を口にしていた。

 この日の放送に視聴者からは、「中居くん、忙しいだろうにその場で教えてくれるのすごい優しいな」「ニノと中居くんの繋がりについて、なんだか深い話をサラッと聞けたような気がする」「中居くんはニノにとっていつも大事なことを教えてくれた先輩だったんだなあ」という声が集まっていた。

  • 5/11 13:20
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます