美しく力強く舞う姿に心が洗われる!バレエ漫画おすすめ5選

拡大画像を見る

バレエの踊りは見ているだけで別世界を思わせてくれる優雅なもの。しかしその裏にあるダンサーたちの努力は血の滲むものです。今回はバレエの世界の美しい部分も、表に見えない裏の部分も覗ける漫画を集めました。男子バレエ漫画もあるので、綺麗なイケメン好きのあなたも要チェック!

バレエの世界は真剣勝負!優雅な舞の裏に潜む少年少女たちの争いの世界

バレエ

バレエの舞台をじっくり見たことがない人も、バレリーナの柔らかい動きを目にしたことがあるでしょう。あの見るものの心をを奪う美しい所作は、一朝一夕で出来るものではありません。バレエが上達していく過程には涙や汗、ライバルたちとの争いがあります。ありとあらゆる感情を味わう勝負の世界で、バレエ少年・少女たちは切磋琢磨して成長していくのです。今回集めたバレエ漫画を通して、彼らの壮絶な努力の片鱗を感じて欲しいと思います。

絢爛たるグランドセーヌ/Cuvie

この商品の販売サイトをチェック

絢爛たるグランドセーヌ 1 (チャンピオンREDコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51A7pPYmhEL.jpg)

詳しく見る

Cuvie/秋田書店/チャンピオンRED/1~17巻/連載中

〇あらすじ
主人公の有谷奏は、共働きの両親を持ち分譲マンションに暮らすごく普通の小学生。隣の部屋に暮らす高校生の梨沙が習っているクラシックバレエに魅入られ、梨沙の通うバレエスタジオに奏も通い始める。体型やセンスにおいてはバレリーナとして特段才覚があるタイプではなかった奏だが、その集中力と観察眼には目を見張るものがあり良いライバル達に囲まれながらどんどん成長していく。奏はひたすらバレエが好きでまっしぐらなタイプ。バレエ優等生タイプの友人や、親からの英才教育でバレエとの向き合い方に悩むライバルなど色々な出会いが奏を待っている。

〇おすすめポイント
奏はとにかくバレエに対して真摯で一生懸命、妥協という言葉を知りません。自分に出来ないものは上手い人を見て何が違うのかを観察、模倣していく能力や情熱が人一倍あります。奏の熱の高さにバレエ漫画の美しさはそのまま、スポ根漫画を読んでいる気分になってきます。ストーリーの勢いが物凄く強い上、繊細で丁寧な心理描写に一気に惹き込まれます。技が関連してくるシーンはそのままレッスンに活かせそうなポイントもあり、バレエ経験者の方にも魅力いっぱいの作品です。

昴/曽田正人

この商品の販売サイトをチェック

昴(1) (ビッグコミックス)

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51T5aU1nx1L.jpg)

詳しく見る

曽田正人/小学館/ビッグコミックスピリッツ/全6巻/連載中

〇あらすじ
小学3年生の宮本すばるは、双子の弟和馬が脳腫瘍で入院し続けていることに心を痛めていた。弟に学校であったこと、日常の色々なことが少しでもよく伝わるようにと、必死で踊って表現して見せていた。同級生の母が営む教室でバレエに出会い、踊ることへの魅力に目覚め始めた矢先、和馬が亡くなってしまいすばるのバレエへの情熱は消えてしまう。和馬の命が途絶えた時もその後も両親の心は和馬に捉えられたままで、寂しい想いを抱えたまますばるは再びキャバレーで指導していた元バレリーナに出会う。バレエの世界に再び足を踏み入れたすばるは、これまで無理やり押し込めていた才能をどんどん開花させていく。

〇おすすめポイント
天才と、その才能に人生を狂わせられていく人たちの様子に圧倒させられるバレエ漫画です。それは悪い意味ではなく、天才の周りにいると人にはこんな化学反応が起こるのか、ということを実感させられます。すばるにとって踊りとは、弟の和馬の消えそうな命の灯を消さないための手段でした。そこに向けられる感情は、段違いに濃いもの。そういう表現力が悲しい思い出と共に身に付いているすばるは、天才以外の何物でもありません。ただ天才が故なのか、破天荒な性格が災いしそのバレエ生活は順風満帆とはいきません。浮き沈みの激しいジェットコースターみたいなすばるのバレエ人生を、ぜひ味わってみてください。続編の「MOON -昴 ソリチュードスタンディング-」もチェックしてみてくださいね。

〇2009年に黒木メイサ主演で映画化
「昴-スバル-」として日本・中国・シンガポール・韓国の合作として映画化しています。何度もダンサーを含めてオーディションをしたのに主演が決まらず、最終的にバレエ未経験の黒木メイサさんがこの役を勝ち取ります。黒木さんは猛特訓を重ねトゥシューズで立てるまでに成長。未経験とは思えない天才ダンサーそのものの演技に圧倒されます。尚共演者に平岡佑太さん・福原遥さん(ライバルの幼少期役)もいるのでファンの方必見です!

昴 スバル

昴 スバル

2009年/日本 中国 シンガポール 韓国/105分

作品情報 / レビューはこちら

ダンス・ダンス・ダンスール/ジョージ朝倉

この商品の販売サイトをチェック

ダンス・ダンス・ダンスール(1) (ビッグコミックス)

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51nTuJmpgVL.jpg)

詳しく見る

ジョージ朝倉/小学館/ビッグコミックスピリッツ/1~20巻/連載中

〇あらすじ
中学二年生の村尾潤平はまだ幼い頃、姉のバレエ発表会の男性ゲストダンサーを見てバレエの魅力に憑りつかれる。しかし戸惑いながらも応援してくれた父の死を切っ掛けに、母と姉を支える男らしい男を目指しバレエを封印する。父が元々望んでいた格闘技を習いクラスの人気者へと成長した潤平は、母親がバレエスタジオを主宰している美少女都にバレエを習わないかと誘われる。またライバルとなるイケメン天才バレエダンサーと出会い、バレエへの溢れる気持ちも、その才能も隠しておくことはできず潤平は爆発するように才能を開花させていく。

〇おすすめポイント
幼い頃の潤平に芽生えたバレエの情熱は成長しても消えることがなく、漫画の紙面からもその熱さが伝わるようでした。「天才」とはこういうことかと、読んでいる側にもその才能の良い意味での異常さに圧倒される作品です。男子がバレエに生きていくことへの葛藤、色々なタイプの男子ダンサーたちとの出会いで変わっていく潤平の心情も見ものです。

〇ついにアニメ化決定!
今春ついに本作のアニメ化が発表されました。コミックス発売用のPVで原作絵を繋ぎ合わせたアニメーションですが、潤平の才能が爆発するような本作の魅力が詰まっていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

Do Da Dancin'!/槇村さとる

この商品の販売サイトをチェック

Do Da Dancin'! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/517AtrtojuL._SX260_.jpg)

詳しく見る

槇村さとる/集英社/ヤングユー/全9巻/完結

〇あらすじ
主人公の鯛子は小さい頃からバレエを習い、筋が良いと認められ遠くのスクールに通うほどその才能が開花していた。しかしコンクール直前に一番応援してくれていた母が交通事故により他界。その後もどうしてもバレエからは離れられないでいたが、どこか無気力で惰性で続けているような状態だった。22歳のある日有名なバレエダンサー三上と出会い、眠っていたバレエへの情熱が溢れ始め鯛子は再びバレリーナとして活躍し始める。

〇おすすめポイント
母の死を切っ掛けに無気力になってしまいながらも、子どものバレエスクールの講師や群舞を担当したり鯛子にはバレエと縁を切ることのできない何かの力が働いていたように思えます。それは亡き母の想いなのか、幼い頃の鯛子自身なのか分かりませんが、三上と出会い今まで隠してきたバレエへの情熱が溢れだした後の無双感は抜群に気持ち良いです。

トウ・シューズ/水沢めぐみ

この商品の販売サイトをチェック

トウ・シューズ 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51uo66lCklL.jpg)

詳しく見る

水沢めぐみ/集英社/りぼん/全5巻/完結

〇あらすじ
主人公のくるみはバレリーナを夢見る中学生。普通より遅く小学5年生からバレエを習い始めてまだ二年。しかし誰よりも熱心に日々レッスンを重ねていた。複数のスタジオが集まり全体で行う発表会を前に、研究生(スクール生よりレベルが上)のはづきが盲腸で緊急入院し急遽代役を立てる必要が出た。くるみはまだバレエを始めて二年だが、そのひた向きさ、ポテンシャルの高さを買われ、バレエ団の息子穂坂一臣からはづきの代役に指名される。この代役を機に、スクールで一番上手で親友の桃子と肩を並べ競い合うようになる。

〇おすすめポイント
バレエを始めた年齢がだいぶ遅いくるみですが、素直でどんどん吸収していくので群舞を踊っていたはずが気が付けば役を競うまでに成長します。くるみは他のバレエ漫画の主人公のように天才的な才能の持ち主ではありません。しかし地道な努力が実を結び、成功したり失敗したりを繰り返す等身大の成長が見られる主人公です。クラスメイトの男子との恋、年上の憧れダンサーへの淡い憧れに近い恋、親友や仲間との切磋琢磨の様子など、リアルな少女の成長物語です。

まとめ

バレエの世界はその華やかさと裏腹に、ダンサーたちの血の滲むような努力と涙の上に成り立っています。そこにある人間ドラマはとても濃く、漫画の世界でも魅力的に描かれています。バレエの経験がある人もない人も、バレエ漫画の表の美しさと裏の壮絶さをぜひ味わってみてください。

関連リンク

  • 5/10 16:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます