LINE Pay、事前チャージ不要で支払える「チャージ&ペイ」の対象カード拡大

拡大画像を見る

 LINE Payと三井住友カードは、「LINE Pay」の支払い機能「チャージ&ペイ」に登録可能な対象カードを拡大し、「Visa LINE Payクレジットカード」に加えて三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードの登録に5月10日から対応した。また、5月13日0時~8月12日23時59分の期間、「チャージ&ペイ」対象カード拡大を記念した「三井住友カード チャージ&ペイ対応記念キャンペーン」を開催する。

 今回のチャージ&ペイ対象カード拡大によって、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードを持っている人は、LINE Payの支払い方法としてチャージ&ペイを選べるようになり、LINE Pay対応店舗なら事前にLINE Pay残高にチャージすることなく、ショッピングや「LINE Pay請求書支払い」や「オンライン支払い」を利用できる。
 すでに「LINEクレカ」をチャージ&ペイに登録している場合は、支払い画面で登録カードを選択し、切り替えられる。
 なお、LINEクレカでチャージ&ペイでの支払いを行った場合は、利用金額の0.5%分の「LINEポイント」が還元されるが、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードとチャージ&ペイとの組み合わせでは、利用代金が税込み200円につき1ポイントの「Vポイント」が還元される。
 三井住友カード チャージ&ペイ対応記念キャンペーンでは、新たにチャージ&ペイの対象に加わった、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードをLINE Payに登録した人に、LINEが発行する暗号資産「LINK」に転換可能な「LINKリワード」200円相当をプレゼントするほか、対象カードによるチャージ&ペイでの支払いで、通常ポイントに加えて0.5%分のVポイントを上乗せする。

関連リンク

  • 5/11 13:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます