【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第17号:ライナスのフィギュアが〇〇すぎてヤバイ編

拡大画像を見る

ピーナッツ! 週に一度のお楽しみ連載「週刊デアゴスヌーピー」のお時間ですが、早くも私(あひるねこ)のライフはゼロよ! 地獄のデアゴスティーニ内職を2号連続で食らってしまったせいで、もはや表紙を見ただけで手が痙攣(けいれん)してしまうの!!

とは言え、もちろん第17号はしっかり組み立てるつもりだけど、万が一にも例の花や葉っぱのシートが出てきた日には、場合によっては私は命を落とすことになるわ! お願い、空気を読んでデアゴスティーニ!! 次回、「あひるねこ死す」。デアゴスタンバイ!

・第17号の中身

勢い余って自らの死を予告してしまったが、結論から言うと今号にはあのミクロサイズの花シートは入っていなかった。よかった、本当によかった。ありがとうデアゴスティーニ! さて、開封してまず最初に出てきたのがライナスのフィギュアだ。

前号、前々号に入っていたスヌーピーもそうだが、ここ数号はフィギュアのサイズが大きくて個人的には非常に嬉しい。それだけでテンションが爆上がりするというものである。しかし、続いて出てきたのは……

左壁!

そして右壁!!

・またかよ

ぐ、ぐわぁぁぁぁぁぁあああ! 早くも壁シリーズに突入してしまうのか……!? と思いきや、次に出てきたのは予想に反してイースターエッグと支柱。なんと! 壁じゃないぞ!! さらにさらに……。

家と木のパーツが2個ずつ! ええやんええやん。こんなん、なんぼあってもいいですからね。それでは実際に組み立てていくとしよう。

・作業スタート

まずは前号で組み立てた「イースターシーズン」のボックス上部に、家のパーツをそれぞれ差し込み……

同じ要領で木のパーツも差し込む。

続いて支柱とエッグを組み合わせ……

それをボックスの斜面に開いた穴に差し込む。

このまま一気に仕上げたいところだが、ここで一旦「イースターシーズン」の裏側にあたる「3兄弟」ボックスの作業に移ろう。と言っても、左右の壁を組み合わせるだけで、この段階ではまだ接着剤はつけない。完成は次号以降になるそうだ。

そんなワケで早々に「イースターシーズン」の作業に戻ってきたら、あとはライナスのフィギュアを地面に固定すれば……

完成である!

・素晴らしい

すごい! スヌーピーがライナスにイースターエッグを投げ渡しているように見えるぞ!! めっちゃいい……! めっちゃいいじゃんコレェェェェェエエエエエ!!

しかし……!

実はこの号を開封して、最初にライナスのフィギュアが出てきた時から薄々感じていたのだが……

ハゲとるやないか!

・問題発生

いや、ライナスは別にハゲているワケではないのだ。チャーリー・ブラウンだってパッと見ツルツルだけど、ハゲではない。あれは金髪だから頭の地が透けているだけなのである。そんなことはスヌーピーファンならば当然理解しているはず……なんだけど。

それがこうしてフィギュアになると、シュルツが描いたフワッとした線がなくなってしまうこともあって、まあ仕方ないっちゃ仕方ない話ではあるのだが、何と言うか……

ハゲとるやないか!!

・何度見ても

ハゲ散らかしとるやないか! え、ライナスってこんな顔だったっけ? 疑問に思い、以前組み立てた「部屋でのくつろぎタイム」のボックスを引っ張り出して確認してみたところ……

やっぱりハゲとるやないか!

・ハゲナス

盛大にハゲ散らかしとるやないか! いい加減にしろ!! いや、何度も言うが、ライナスは別にハゲているワケではないのだ。シュルツのイラストを立体化しようと思ったら、これは避けられない事態であり、つまりライナスに与えられた宿命みたいなものなのである。

だからライナスは悪くないし、シュルツも悪くない。もちろんデアゴスティーニだって全然悪くない。誰のせいでもないのだ。でも、それでいいじゃないか。ハゲ散らかしたバーコード頭の何が悪い? ライナスはライナスだ。そうだろ?

・クールな男

今は最高にイカした「イースターシーズン」の出来栄えを、同じく最高にイカした男であるハゲナスと共に喜ぼう。当然、次号の内容にも期待だ。頼むぞデアゴスティーニ! ピーナッツ!!

参考リンク:デアゴスティーニ
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 5/11 9:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます