コロナの症状の経過って?脱毛や嗅覚・味覚異常もある、腹痛や頭痛だけじゃない!【40代夫婦のコロナ体験談#3】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223150/ )

40代夫婦と小学生2人の4人家族が4月上旬から、予期せぬコロナ感染!その顛末をまとめました。全4話予定。

■これまでの経緯■

日曜 夫が発熱

火曜 夫がコロナ陽性と診断

水曜 私も発熱、コロナ陽性と診断。子どもは陰性

金曜 ホテル療養の連絡が入る

土曜 7泊8日のホテル療養開始、祖父母に預けた子どもが発熱のピンチ

月曜 子どもはコロナ陰性と診断 ←イマココ

【40代、夫婦でコロナに感染しました#3】

 

ホテル療養中に仕事をしようなんて考えてる人、絶対ムリだから!

【月曜 朝~火曜】
上の子の発熱がコロナではなかったと、陰性報告があってから、ようやく、自分の体調にも向き合う余裕が出ました。

 

ホテル療養に出発する前は、家事もしなくていいからのびのび、動画配信サイトで見逃してた海外ドラマたんまり見ちゃおうかとか思いましたが、実際はそんな気にならず……。

ホテル療養前半は、寝る、起きる、お弁当取りにいく、お弁当を少し食べる、テレビをただ流して眺めて、疲れると寝て、の繰り返しでした。

 

海外ドラマの字幕を目で追って、話を理解するということもおっくう。アクション系なんて想像するだけで、画面を目で追いたくない、という感じ。かといって、感動や恋愛系のヒューマンドラマも心理的に受けつけず、結果、地上波のワイドショーやバラエティをただ眺めるだけでした。

 

同様に、画面を見て考えをまとめるみたいなことも厳しくて、P C作業も気が乗りません。しかも、背中から腰にかけてどうにもならない痛みがあります。どういう姿勢でくつろげばいいのかよくわからなくなっていたのも、パソコンには向き合えなかった理由の1つだと思います。

 

インフルエンザのときに感じる関節痛が10倍ひどくなって背中全体にのしかかるような、とにかくしんどい痛みは、ほかにも感じた人がいるようです。ホテル療養だからといって仕事をしようだなんて思っちゃダメ、療養すべしです。

 

とはいえ退所前日にはもったいない精神が出て、映画1本くらいの動画は見られるようになりました。

 

お弁当がどんどんマズくなる……?いや、これ味覚障害!

【水曜 朝】
唯一、ホテル療養で課せられていたのは、食べて元気になること。毎朝、看護師さんから聞かれるのは「ご飯は食べられてます?」。

 

事前にTwitterなどで情報収集していたホテル療養弁当は、やっぱり朝から揚げ物、肉、米のお弁当でした。

 

あるとき、初めて麦茶パックにありつけたので、素早くキープ。嬉しくて飲んでみたのですが「ん?? まずい……」。

 

麦茶の香ばしさはせず、苦すっぱいような変な味です。そして揚げ物に添えられている千切りキャベツがやたら苦い。ふりかけも異常にしょっぱい。

 

入所当初のお弁当は普通の味つけだったはずで、お弁当屋さんが変わったせい?と思ったり。

 

いやいやまてよ、もしや……と思って、部屋中の匂いをかいでまわった結果、衝撃的な事実がわかりました!!

 

匂いが強めなものをかぐか、または鼻にうんと近づけないと匂いがわからない。これ、味覚嗅覚障害だ。お弁当を疑って申し訳ない。今になって私の舌と鼻がバグってるわ……。

 

そういえば、自分の体臭や、それこそ使用後のトイレの匂いもしなかったことにやっと気づきました。

 

私の場合、これらの不調は熱が引いてから、4、5日経過して出現しはじめました。それに加え、どんなに水を飲んでも、舌の真ん中あたりが乾いているような感じがずっとしていて、体調が戻ってきた今と比べると、明らかに唾液の量が減っていました。同時にドライマウスでもあったんだと思います。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223150/ )

療養最初のころ出てきた典型的なお弁当。肉系おかずと漬物、煮物と米飯。左上の白いのは、杏仁豆腐。一緒にチンするとデザートがダメになるのでレンジは途中からしなくなりました。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223150/ )

中盤から、お弁当やさんが変わったようで、ご飯が別容器に。おかずの種類がびっくりするほど増えて小躍り。メインのおかずも美味しかったんだろうけれど、味覚がバグって塩っぱく感じて完食できず。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223150/ )

部屋を出ずに朝食をとりに行かなかった日があり、そのときに看護師さんから察知されたのか「お弁当食べられてます?」と聞かれ「揚げ物ばかりできついですね。。」と答えた頃から、お弁当が日に日にグレードアップ。退所前日の夜、こんな豪華なお弁当。ただ、うどんのおつゆが本当に塩っぱく感じて、薄めても薄めても塩味の水で…残念でした。

 

遅れて出てきた症状。深呼吸で咳き込む、眉や髪も抜ける??

発症当初から、喉の痛みも咳も出ていなかった私。ですが、ホテル療養中盤から、大きく深呼吸をすると肺がくすぐったいような違和感を覚え、空咳がコンコンと1、2回出る、という症状が。大きく息をしなければそういった咳も出ないので、ちょっと深呼吸するのが怖くなったりしました。

 

また、衝撃的だったのが、まゆ毛が抜けたということ。

 

起きぬけに何気なく顔を触ったら、指にまゆ毛がパラパラと数本抜けてくっついてきたのです。

 

え、これ脱毛? と恐ろしくなりました。単に、だるくて入浴も減っていたので、抜ける機会を失っていたまゆ毛が、たまたま手で触れたときにくっついたのかもしれません。でも、あんまり抜けたことのない場所の毛なので、正直ぎょっとしました。洗髪時の抜け毛も、いつもより多く抜けている気もして、脱毛はしている感じはします……。

 

体が常に冷えている。全体のH Pが落ちてギリギリ感

【金曜 朝】

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/223150/ )

脈拍と体温が入所から順調に下がっていているのがわかります。後半、体温は下がりすぎですけれど。。。

私のホテル療養は土曜から土曜までの7泊8日予定でしたが、退所日目前の、金曜朝、35.1℃という低すぎる体温を計測しました。

 

 

もともと私は平熱が高いタイプではないけれど、これは初めて見た数字。いやー、私このまま冷たくなって死ぬのかもってちょっと怖くなりました。

 

計測データをアプリに登録するときに、よくないと思いつつ、あまりにも低すぎて35.8℃とサバ読んでしまいました……。

 

そういえば、この日だけでなく、寝るときに布団があったまらないなーと感じていましたし、朝、尿意も便意も感じないなって、不思議には思っていたのです。

 

ちゃんと水分も食事もそれなりに摂取していたので、行けば出るのですが、あー漏れそう!とか、トイレ行きたい!っていう感覚が一切しなかったんです。

 

嗅覚も味覚も衰え、体温も低くなっちゃって、体全体の機能のスイッチがオフになっている、そんな感覚でした。

 

以上が7泊8日のホテル療養をしているときに私に現れた不調のレポートです。

 

次回は、退所後にまだまだ起こる体調不良や、日常生活で改めたこと、効果があるかよくわからないけれど、体調を回復させるために実行したことなどお送りします。

 

>>>次の記事 5月3週配信予定

前の記事( https://otonasalone.jp/222664/ )<<<

 

関連リンク

  • 5/11 3:15
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます