集中開催のACL、グループHとIはウズベキスタンでの開催が決定…日本からは川崎&G大阪

拡大画像を見る

 AFC(アジアサッカー連盟)は10日、今シーズンのACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の試合日程について発表した。公式サイトで伝えている。

 Jリーグのクラブが該当する東地区のグループステージは、新型コロナウイルスの影響により6月22日から7月11日に集中開催されることが決まっている。そして今回の発表によると、ガンバ大阪が所属するグループHと川崎フロンターレが所属するグループIの各試合が、ウズベキスタンで行われることに決まった。なお、グループIの残る一枠を争う大邱FC(韓国)とチェンライ・ユナイテッド(タイ)のプレーオフも、6月23日にウズベキスタンで行われる。

 6月から7月にかけてグループステージが行われる東地区は、9月から決勝トーナメントを実施予定。今大会の決勝戦は11月21日(第1戦)と同27日(第2戦)に開催が予定されている。

関連リンク

  • 5/10 20:12
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます