結婚するまで知らなかった!【夫婦だからこそできるイチャイチャ】って?

今回は、夫婦だからこそできるイチャイチャについて解説しちゃいます。
子どもが近くで見ていても大丈夫なイチャイチャを、世の仲良し夫婦はしているのですよ。

さあ、あなたも大好きな夫ともっとラブラブになるためにレッツトライ♡

(1)友達と会ったら夫の自慢


新婚の間だけならともかく、結婚して長い年月が経ってもラブラブな夫婦がいますよね。

友達と会話をしていても、夫の自慢話がスタート!
幸せそうなあなたを見て、友達もほほえましく思っているでしょう。

しかし女性の中には、幸せな話よりも愚痴のような不幸話を好む女性もいます。
夫自慢をする相手は選ぶようにした方がいいかもしれません。

(2)子どもの前でイチャイチャ


子どもの前でイチャイチャなんて教育に悪い、と思う人もいるかもしれませんね。
子どもにとったら、仲むつまじい両親を見るのは幸せなことなのですよ。

なので、子どもがいても付き合っているときから呼び合っている名前を使いましょう。
子どもの前だからといって気にしすぎずに、腕を組むなどのスキンシップをしてみてくださいね。

(3)結婚しても甘えんぼなのは変わらない


結婚して子どもが生まれると、妻の顔から母の顔になっていきます。
「この子を守らなきゃ!」という強い気持ちが芽生えるため、顔つきも変化していくのですね。

しかし男性は、母の顔になってしまったことをどこか寂しく感じています。
そのため交際しているときから変わらない、甘えんぼな一面も出すようにしましょう。

(4)子どもができても名前呼び続行!


子どもができると、どうしても呼び名が子どもに合わせて変化していきがち。
「パパ」「ママ」という呼び方に変わるのです。

子ども中心の生活になるからこそ、そんな呼び方になるのかもしれませんね。

しかし男性は、子どもができたことで名前呼びではなくなったことに切なさを感じている模様。
子どもができても、恋人同士のときから読んでいる名前呼びを続行しましょう。


夫婦だからこそできるイチャイチャを、あなたの日常に取り入れてみましょう。
子どもは、あなたと夫がラブラブなことが照れくさくも嬉しいもの♡

あなたたち夫婦が、仲むつまじくいることが子どもにとっての幸せなのですから。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/10 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます