人気殺到で販売休止中のアサヒ「生ジョッキ缶」、6月に数量限定販売

拡大画像を見る

 アサヒビールは、一時休売している「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を、6月15日に数量限定で再発売する。次回以降の発売日に関しては、現時点では未定となっている。

 「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」は、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる商品。缶のふたが全開することで、麦芽の香りが感じやすくなるとともに口に流れる液量が多くなり、“生ジョッキ”のような感覚で飲むことができる。
 開栓直後に自然発生する泡は、缶体内側の特殊塗料により、通常の缶からビールをグラスに注いだ時に発生する泡よりもきめ細かく、缶のまま直接飲用することで冷たさも炭酸ガス圧も維持される。開栓したふたと缶体の飲み口は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造により、手や口を切る恐れがなく、安心して飲用することができる。
 パッケージデザインは、銀色の缶体をベースに「SUPER“DRY”」と「ASAHI」のロゴで「スーパードライ」らしさを表現するとともに、缶体上部の「泡が出る」「ゴクゴク飲める」という文言と、ビールの液色や“生ジョッキ”のイラストで商品の特長を訴求している。

関連リンク

  • 5/10 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます