「俺すごいだろ!?」自慢が止まらない夫は変わるのか(4)【うちのダメ夫 Vol.80】

■前回のあらすじ
会社のゴルフコンペで3位になった謙は、早速自慢をしようと香奈にメッセージを書くが、ゴルフコンペのグループ宛に送ってしまい…。

俺自慢のメッセージを、会社の上司や同期に誤送してしまった謙。夫としてはそのような恥ずかしい事実を私には隠したかっただろうと思いますが、実は…。

そう、私は事前に夫が大恥をかいたことを知っていたました。なぜならば、入社当初から仲が良く、わが家にも遊びに来てくれたことのある同期の相田くんが、夫が帰ってくる前に今日の出来事を教えてくれて「落ち込んでるだろうから慰めてあげて笑」と連絡をくれていたのです。

私の前ではひたすら得意気で、いつも自信満々だった謙。そんな彼の突然の崩壊にビックリ! しかし正直、私には夫に寄り添う時間がない。どうすればいいか考えた結果、私が見つけたのは…。


たしかに優が生まれてから、私は優のことばかりに必死になり、夫の話を聞いたり、一緒に過ごす時間は激減していました…。

けれど、それは仕方のないことだと私は割り切っていたのですが、夫はそうではなかった様子。

今回の一件で、夫も寂しかったんだな〜と気づき、それなら一石二鳥に解決しようと、一緒にできる家事などを提案すると夫はバッチリ「プリントの整理とお掃除大臣」の仕事をまっとうしてくれてくれるようになりました笑。

一緒に育児・家事をすることで、夫婦の会話も増えてきたように思います。

かまって欲しいアピールは今も続いていますが、理由が分かった今、自慢をされても以前よりモヤモヤする割合が減りました笑。

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/10 18:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます