転職「今の仕事を辞めたいのに辞められない」のはなぜか?

拡大画像を見る

―[魂が燃えるメモ/佐々木]―

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第255回

◆「転職したい」という願望だけでは行動できない

 働いていれば、誰もが一度は転職について考えます。今の仕事や今の職場は、自分に向いていないのではないか。この疑問に対する「納得のいく答え」は人それぞれです。

 新しい仕事や新しい職場を見つけることで納得できる人もいれば、今の仕事や職場と向き合って、「やっぱり自分はここで頑張ろう」とモチベーションが生まれることもあります。

 私が相談を受けたある男性は、「今の会社をやめたい」と二年近く考えていました。しかし、そう考えながらもなかなか転職に踏み出すことができず、同じ会社で働き続けていました。

「そんなに辞めたいなら辞めればいいじゃん」というのは外野だからこそ言える意見です。自分がいざ当事者になると、そうした願望だけでは行動できません。辞めたいだけで辞めようとすると、「転職しても、結局今の会社と同じことを繰り返すだけなのではないか」という不安を抱くからです。

◆過去を振り返る

 ただ仕事を辞めたいと考えているだけで、実際には辞められないケースはよくあります。そして、その時に必要なのは、「次はどんな仕事をしたいのか、どんな職場で働きたいのか」という方針です。こうした方針は過去を振り返ることで見つかります。

「温故知新」という故事成語もあるように、未来は過去を振り借りることで見つかります。私が「今の会社に不満を感じているのはどんなところですか?」と投げかけると、その相談者は「今の職場はバラバラなんです」と答えました。

 彼の仕事は清掃業です。清掃業は契約先のビルや病院やマンションに赴いて働く外回りの仕事です。そのため社員が働く場所がバラバラ、そこから事務所に戻ってくる時間帯もバラバラ、事務所に戻ってから行う事務作業もバラバラという環境でした。

「バラバラ」という印象の反対は「一体感」になります。そこで私が「仕事や職場に一体感を求めているんですか?」と尋ねると、彼は「一体感という言葉を聞いて、ゾクッと来ました」と答えました。こうした反応が起きるのは、その言葉が相手の内面に響いているからです。

◆気持ちと結びついた仕事

 彼は学生時代に生徒会役員を務めていました。そして、その時に経験した学園祭の準備に対して、「今までの人生で一番楽しかった」という印象を抱いていました。

 また、さらに幼い頃までさかのぼると、彼の家族はあまり仲が良くなかったと言います。彼の父親は再婚しており、二人の兄は異母兄弟というやや複雑な家庭環境もあって、その二人の兄が素行不良だったからです。そのとき幼稚園児だった彼は家族の絵を書いて、その絵の上に「家族全員大集合」とひらがなで書き込んだこと鮮明に覚えていました。

 こうした過去の体験があるからこそ、彼は仕事や職場に求める「一体感」を求めており、それとは正反対である「バラバラ」な今の会社に不満を感じているのです。そして、「一体感のある仕事、職場」というのが、彼が探すべき「次の仕事、職場」になりました。

◆「自分の内面に結びついた方針」を考える

「自分の内面に結びついた方針」が決まっていると、転職情報を見ているときにピンとくる会社が目に留まります。会社の理念や社風はWEBサイトや転職情報といった細かい部分にまで反映されており、そうした理念や社風と自分の内面がお互いを引き寄せ合うからです。

 反対に「自分の内面に結びついた方針」が決まっていないと、転職情報を見ても、給料や勤務地や休日数といった労働条件しか目に入りません。もちろんそうした客観的な条件も大切ですが、それだけで会社を選んでしまうと、いざ働き始めた時に「どうもウマが合わない」と悩む羽目になります。

 この「自分の内面に結びついた方針」がその人の信念です。信念は人間関係から生まれます。この相談者の場合、家族との関係や、学生時代の生徒会での人間関係から、「一体感を持って生きていきたい」という信念を持ちました。その信念が働き方にも反映されているのです。

 もし仕事を辞めたいと考えているならば、「今の仕事や職場のどこが不満なのか」を振り返ってみてください。そうすると自分が次の仕事や職場に何を求めているのかがわかります。この心構えが自覚できると、具体的な転職活動にスムーズに取り組めるようになります。

―[魂が燃えるメモ/佐々木]―

【佐々木】
コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」。著書『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)が発売中

関連リンク

  • 5/10 15:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます