ファーストサマーウイカ「お芝居ってすごい」 アイドルから舵を切り朝ドラ出演、今年こそ女優として開花なるか

拡大画像を見る

5月7日、インスタグラムに『おちょやん』のロケ現場で「ミカ本田」と名前が入ったイスに座るオフショットを投稿したファーストサマーウイカ。鶴亀撮影所の監督・ジョージ本田(川島潤哉)の妻でハリウッド帰りの女優という役柄に成りきって唇を尖らすポーズに、フォロワーから「ミカ本田!」、「オー大女優だ!」、「夫人! 美人! 神!」といった称賛や「朝ドラにういぽんが出てくれたの、ほんまにうれしかった これからも応援してる!」、「もっともっとウイカさんの演技が見れますように!」という声が寄せられた。

昨年12月にファーストサマーウイカが『おちょやん』で1月放送の京都編から出演することが報じられた際も、Twitter上で「朝ドラデビューすごい!」、「ウイカちゃん大好きやから嬉しいけど、それにしても売れたな~w ワイドナショーで初めて見た時これは売れるとは思ったけどここまでいくとはw」と反響があり、さらに年が明けて1月18日には「今日のおちょやん ファーストサマーウイカさんが出てましたね~ クセのある気になる役です。この後も出てくるのかな 楽しみです」、「おちょやん、ファーストサマーウイカ出てるけどキャラ濃いなぁミカ本田」と注目を集めた。

アイドルグループ・BiSや音楽グループ・BILLIE IDLEで歌っていたファーストサマーウイカはタレントに転身してからも、昨年5月に『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)でLiSAのヒット曲『紅蓮華』を歌って「似てたし上手だしビックリした!」と話題になれば、今年2月には配信シングル『カメレオン』でソロデビューを果たし、アイドルグループ・豆柴の大群の新曲『らぶ地球 feat. ファーストサマーウイカ』にゲストアーティストで参加した。4月29日にはライブイベント『NAONのYAON 2021』に初参戦、5月1日には関西の音楽フェス『カミオト -上方音祭-』(読売テレビ)に出演と歌手活動も忙しい。

そんなファーストサマーウイカは地元大阪にある高校を卒業後、「劇団レトルト内閣」に入り演劇の道に進む。当時は「初夏(ういか)」名義で活動していた。女優を夢見て上京するとBiSのオーディションを受けて2013年5月に加入するが、実は先日『カミオト -上方音祭-』で共演したNMB48との記念写真をインスタグラムに投稿して、「私がNMB48 1期オーディションに書類を出した話を知っている人は、かなりの情報通です」と明かしているから48グループにも関心はあったようだ。

2019年1月にバラエティ特番『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)で、こてこての関西弁をしゃべるキャラが注目を集めたことからタレントとしてブレイク。香取慎吾とコンビニのCMで共演するなど知名度を上げるなか、TBS系金曜ドラマ『凪のお暇』(2019年7月期)でレギュラーを務めたことで女優としての存在感を示した。そして今年は『おちょやん』での朝ドラデビューにはじまり、松下洸平が主演・生駒里奈がヒロイン役を務める舞台『カメレオンズ・リップ』でガラ・トメート役を演じたりと重要な役柄が増えてきた。

ファーストサマーウイカはこのたびインスタグラムで『おちょやん』のオフショットとともに「今日はずっと芝居について考えてた。お芝居ってすごい。全部持っていかれちゃうんだから」と投稿しており、ドラマや舞台を通して演技の深みを感じたのではないか。映画『地獄の花園』(5月21日公開予定)で演じる高口商事の中ボス・進藤楓は関西弁で相手を威嚇する激しい役柄だけに「ファーストサマーウイカが本領発揮か」と期待されている。「劇団レトルト内閣」の頃から10年以上、この勢いならば今年こそ本格的に女優として開花するかもしれない。

画像2~4枚目は『ファーストサマーウイカ 2021年5月7日付Instagram「今日はずっと芝居について考えてた。」、2021年4月21日付Instagram「生駒っちょ」、2021年5月1日付Instagram「NMB48さん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 5/10 14:30
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます