会社にバレたらやばいこと「課長がコンビニでアルバイトをしているところを目撃した」「交通費の水増し請求」

拡大画像を見る

昨今ではサラリーマンの副業が流行っているが、従業員の副業を禁止する会社はいまだに多い。それでも「会社に内緒でダブルワークをしている」という人はいるだろうが、まだ可愛いものだ。それ以上に「会社にバレたら気まずいこと」は存在する。

都内の30代女性(福祉・介護/年収250万円)は「職場の上司と不倫している」と明かす。茨城県の40代男性(正社員/年収350万円)も「『外部業者との恋愛禁止』が職場ルール。でも私は、取引先の方と付き合っています」という声を寄せている。さらに埼玉県の20代男性(正社員/年収300万円)は

「職場恋愛中です。もしバレたら、お互いに気まずくなりそう」

と緊張感を漂わせる。ほかの投稿も見ていこう。(文:鹿賀大資)

「上司の弱みを握って、やりたい放題」

都内の30代女性(事務・管理/年収400万円)は、よりによって「課長がコンビニでアルバイトをしているところを目撃してしまった」と書いている。相手は上司。迂闊に周りに話せない心境を察すると、自分のダブルワークがバレるよりも不憫だ。

しかし、なかには上司の秘密を嬉々として利用する部下もいる。神奈川県の30代男性(公務員/年収250万円)は

「上司の弱みを握って、やりたい放題」

と打ち明ける。ただし、上司を脅している事実は、男性の身も危うくするだろう。さすがに公務員だけに、バレたらお互いにタダでは済まない。

「自転車通勤で定期代を浮かせていたが、バレて正社員から契約社員へ降格」

宮城県の40代男性(事務・管理/年収650万円)は、交通費の水増し請求について明かす。会社には「最寄り駅までバス通勤」として申請しているが、実際は「歩いて通っています」という。神奈川県の30代男性(ITエンジニア/年収350万円)も、

「普段は、自宅から最寄り駅まで自転車を使っている。しかし雨天時などを考え、会社への交通費請求にバス代も加えている」

と打ち明けている。

愛知県の50代男性(ITエンジニア/年収450万円)は、交通費の水増し請求が運悪く会社にバレてしまった。

「当時は自転車通勤で定期代を浮かせていた。それがバレて、正社員から契約社員へ降格させられた。賞与がなくなった結果、年間100~150万円の減給」

会社によっては、こうした手厳しいペナルティを課すところもあるだけに、注意が必要だ。

ほかには、

「大学時代に飲食店でアルバイトをしていた時のこと。そこでは、賄いで食べられるメニューが決まっていた。しかしオーナーと店長がダブルで休みの時は、そのルールを無視して、高価なものを食べていた」(20代女性/奈良県/事務・管理/年収200万円)

という声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社や人事にバレたらヤバいこと」のほか【緊急募集】三度目の緊急事態宣言、あなたが思うことや現在困っていることを教えてください共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 5/8 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます