世帯年収1700万円の30代女性「服はユニクロですが食費は2人で月8万。たまにフグや鰻、高級肉などを取り寄せて楽しんでいます」

拡大画像を見る

年収1600~1800万円世帯が目の当たりする"現実"とは何か。神奈川県の40代既婚男性(専門コンサル系/世帯年収1800万円)は、夫婦と子ども2人の4人家族。「常に成長し続けないと維持できないポジションなので、プレッシャーが厳しい」と高年収の裏にある苦労を明かした。

また、夫婦共働きで世帯年収1600万円を得る兵庫県の40代女性(正社員)は

「子どもは2人いる。持ち家だが、住宅ローンで購入した。余裕の生活とは思えないが、食費だけは節約せずにすむ」

と満足感を示す。世帯年収1600~1800万円のキャリコネニュース読者からは、この女性のように「普段は慎ましやかに暮らしつつ、食事にはお金をかけている」という投稿が目立った。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「家族全員が好きなものを自由に食べられている」

埼玉県の40代男性(正社員)は、夫婦共にフルタイム勤務で世帯年収1700万円。未就学児の子どもが1人いる。父親が所有する分譲マンションに住んでいるため「家賃はゼロ」という。

「こうした状況なので、年間貯蓄はそれなりにできている。ただ天引きされる税金と保険料には、うんざり。新車の国産SUVに乗っているが、例の天引きの方が車代より高いので嫌になってしまう。それさえなければ、新車の外国車ぐらい軽く買えるのに」

男性は、子どもを私立小学校に通わせたいと考えているため「あくまで普段の生活は質素にしている」と述べている。また「家族全員が好きなものを自由に食べられているので、それについての不満はまったくない」とも書いていた。

「食費は月8万円くらいと高めですが、ここは必要経費として削るつもりなし」

「ケチケチしすぎない程度に節約しながら、2人で暮らしています」と語るのは、千葉県に住む30代女性。夫婦共働きで世帯年収1700万円を得ており、女性は専門コンサル系の会社に勤めている。しかし意外にも生活は庶民的で、「服はもっぱらユニクロ」と続ける。

「日用品はAmazonや楽天で価格比較しながら、セール時にまとめ買いをしています。制限年齢ギリギリまで社宅に住み、その間にマンションの購入資金を貯めるつもりです。ただし、共働きで料理する時間があまりないため、普段の食事は惣菜やレトルトをフル活用しています」

外食については「コロナ禍なので頻度が減りました」といい、その分「たまにフグや鰻、高級肉などを取り寄せて楽しんでいます」とのことだ。また「食費は月8万円くらいと高めですが、ここは必要経費として削るつもりなしです」とも綴っていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

関連リンク

  • 5/9 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます