気持ちが冷めてしまった彼女に言われて、「もう一度頑張ろう」と思える一言9パターン

なかなか関係がうまくいかず、彼氏の心が離れつつある状態でも、彼女の一言で彼氏の気持ちが再び盛り上がることもあるようです。では、どんな一言が彼氏の心を動かすのでしょうか。そこで今回は、「気持ちが冷めてしまった彼女に言われて、『もう一度頑張ろう』と思える一言」をご紹介します。

【1】悲しそうに「あなたがいない毎日なんて考えられない」
「本気だと感じられたら、心が動くと思う」(20代男性)など、自分が必要とされているという実感が彼氏の心を動かすこともあるようです。あまり連呼すると上辺だけの言葉のように感じられてしまうので、彼氏が別れをにおわせるようなことを言い出したときに心を込めて伝えましょう。

【2】強い意志を示して「絶対に別れたくないの」
「強く言われると、真面目に考え直してみようと思う」(10代男性)など、彼女の意志の強さに心を動かされる男性もいるようです。ただし、泣きわめいたり、自分の主張ばかりを押しつけたりすると、彼氏の心はさらに冷めてしまう恐れがあるでしょう。

【3】ストレートに「あなたのことが好き!」
「告白されたような気持ちになって、グッとくる」(20代男性)など、好きな気持ちをシンプルに伝えることが、彼氏の心に刺さることもあるようです。日常的に自分の気持ちを伝えている人でも、改めて強く言い切ると普段とは違った印象を与えられるでしょう。

【4】なぜ好きなのかを具体的に「あなたの○○なところを好きになったの」
「ちゃんと自分を見ていてくれたことにうれしくなるかも」(20代男性)といったように、彼女が自分をどう見ていたかを知ることで、ありがたみを感じる男性もいるようです。思いを伝える際は、友人などから評価されているポイントではなく、独自の視点やエピソードが必要でしょう。

【5】改めて感謝の気持ちを込めて「いつもありがとう」
「最初『?』となっても、徐々にその言葉がしみてくる」(10代男性)など、いざ別れとなると男性の側にも寂しさがあるだけに、感謝の言葉は響くようです。特に彼氏の別れようという気持ちが固まりきらない時期に伝えると、効果が高いと言えるでしょう。

【6】一度距離を置くことになっても「私は待ってるから」
「距離を置いて冷静に考えたあとでも、やり直しがしやすいと思う」(30代男性)など、気持ちを整理しながらも、彼女の言葉をよりどころにしてしまう男性もいるようです。距離を置いている間は、あまり女の子側からアプローチしないほうが言葉の重みも出るでしょう。

【7】ラブラブだったころを思い出すために「もう一度思い出の場所に行きたいな」
「思い出を振り返ると、つき合っていた時間が大切なものに思えるので」(20代男性)など、過去の思い出が彼氏の気持ちに変化を与えることもあるようです。場所やエピソードに具体性があると、彼氏の気持ちを刺激しやすいでしょう。

【8】お互いの反省を意識して「一からやり直さない?」
「自分にも悪いところがあったと思うので、お互い反省した上でやり直せたらいいかと」(30代男性)など、馴れ合った関係の修正を提案することで、彼氏が前向きに考え直すこともあるようです。提案の前には、まずはお互いの何がいけなかったのかを考えてみる必要があるでしょう。

【9】唇を噛みしめるようにして「あなたがいたから、今の自分があるの」
「自分とつき合っていたことに意味があったのかと思うと、ポジティブな気持ちになれる」(20代男性)など、自分の存在意義を認められることで、二人の関係について思い直す男性もいるようです。「あのときの一言がずっと残っている」などのエピソードを添えるとさらにいいでしょう。

他にも気持ちが冷めてしまった彼女に言われて、彼氏が「もう一度頑張ろう」と思えるような一言はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/10 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます