スルーもしくはブロック!女子に嫌がられるキモいLINE9パターン

LINEで女性とやりとりしていると、思いのほか話が弾むことがあるもの。だからといって調子に乗ってうかつなメッセージを送信すると、「急になに?」とキモがられて、やりとりの中止に追い込まれてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「スルーもしくはブロック!女子に嫌がられるキモいLINE」をご紹介します。

【1】「ありがとにゃん」など、猫語や赤ちゃん言葉を多用する
「意外に甘える系?とビックリ。これはキツイと思った」(10代女性)というように、突然の「甘えん坊口調」にドン引きされるケースです。普段との落差が激しいほど衝撃を与えてしまいそうなので、自分のキャラをわきまえたほうがいいでしょう。

【2】「○○ぴょんはどう思う?」とリアルでは使わないあだ名で相手を呼ぶ
「脳内で私をそんなふうに呼んでるの?と鳥肌が立った」(20代女性)というように、急に親しげに呼びかけるのも、警戒されてしまうようです。ニックネームで呼びたいと思ったら、本人にお伺いを立ててから使用するのが礼儀かもしれません。

【3】「その飲み会って男も来るの?」と彼氏気取りで私生活に干渉する
「あんたに心配される筋合いないわ!とイラッとした」(20代女性)というように、彼女でもない女性のプライベートに口出ししても、ムカつかれるのがオチでしょう。ちょっと探りを入れただけでも反感を買うおそれがあるので、やりとりを続けたいなら自制したいところです。

【4】「腹筋が割れてきた!」とナルシストっぽい画像を見せびらかす
「見たくもないものを見せられて不快だったから、スルーした」(20代女性)というように、自撮り画像を送りつけて、あっさり拒絶されるケースです。「こう見えてストイックな性格で…」などと自分語りを始めて「痛い男」に認定されないよう、空気を読みましょう。

【5】「○○ンゴ」「草生えたwww」などのネット用語を連発する
「会って話すときよりテンションが高くてギョッとした」(20代女性)というように、SNSやネット掲示板のノリで対応するのも、相手を戸惑わせてしまうようです。突然返信が途絶えたら、「この文言はNG」だと肝に銘じて、封印したほうがよさそうです。

【6】「あんなやつ死ねばいいのに」と闇が深そうな一言を添える
「もしかしてサイコパス…?と怖くなってしまった」(20代女性)というように、文字だけのやりとりだと、冗談が通じずに誤解を招く危険もあります。お互いの性格をまだよく知らないなら、辛辣な物言いは避けたほうが安全でしょう。

【7】「君の自撮りを送って!」と写真を添付するよう要求する
「おしゃべりが目的なら自撮りは必要ない。もちろん無視しました」(10代女性)というように、相手の写真を欲しがるのも不興を買いそうです。仮に女性から「送るね」と言われても、待ってましたとばかりに大喜びせず、クールに受け取りましょう。

【8】「実は隠れ巨乳でしょ」と下ネタ方面に話を持っていこうとする
「そんなこと考えながら今までやりとりしてたんだ!とカチンときて、すぐにブロックした」(20代女性)というように、下品な話を振ったら、瞬殺されておしまいでしょう。次に会ったときに厳しい態度を取られても、文句は言えないかもしれません。

【9】「今、君の家の前にいるよ」とストーカーまがいの内容を送る
「本気でヤバい人だと困るから、丁寧に返信してそっとブロックした」(20代女性)というように、すっかり仲良くなったつもりで親密な内容を送ると、逆に距離を置かれてしまいそうです。勝手に盛り上がって、相手との関係性を見誤らないようにしましょう。

たった1通の不用意なメッセージが、楽しい雰囲気を台無しにしてしまうようです。テンポも大事ですが、言葉は慎重に選びましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/10 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます