不要な「杵と臼」が1万円で売れる!? コツは"12月をじっと待つ"

拡大画像を見る

 今では珍しいことだが、我が家には杵と臼がある。女房の祖父母の代から使われてきた物らしく、年季が入っている。かつては、近所の人たちと一緒に正月用の餅をついたり、町内会のイベントで使ったり、近くの幼稚園で園児を喜ばせたこともあるとか‥‥。

 ところが、昨今は公衆衛生の概念が変化した。

「手でベタベタ触った餅なんて、とてもじゃないけど食えない」

 なんて人も増えてきた。ましてや、おかげで、すっかり物置の肥やしになっている。それを伝えたヤフオクウオッチャーによると、

「希少価値は年々、高まっていて、杵と臼は新品セットなら5万円前後で取り引きされており、中古でも1万円は下らない。欅製なら、もう少し高くなるかもしれません。放っておくのは、もったいないです」

 とはいえ、現在はコロナ禍にあって、餅つきイベントなんて、どこでも開いていない。需要などあるのだろうか。

「本来の用途に使うだけではなく、店舗のディスプレイ用に買い求める人も増えています」(前出・ヤフオクウオッチャー)

 1万円で売れるなら、新品の電動餅つき機を購入することもできる。さっそくヤフオクを見たが、ほとんど売れ残っている。

「やはり季節商品ですから、12月になってからのほうが取り引きは盛んになります」(前出・ヤフオクウオッチャー)

 あと7カ月待たないと、我が家の杵と臼はお宝に化けてくれそうにないのだ。

関連リンク

  • 5/10 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます