終了間際の同点弾! レアル、4位セビージャとドローで首位浮上ならず

拡大画像を見る

 リーガ・エスパニョーラ第35節が9日に行われ、レアル・マドリードとセビージャが対戦した。

 暫定3位のレアル・マドリードと暫定4位のセビージャの上位対決。両チームの勝ち点差は4ポイントとなっている。アトレティコ・マドリードが前日にバルセロナと引き分けたため、レアル・マドリードは勝利すれば首位に浮上する。

 しかし、先手を取ったのはセビージャだった。22分、右サイドのエリア手前でFKを獲得すると、縦につないでクロスを上げる。イヴァン・ラキティッチがヘディングで落とすと、最後はフェルナンドが左足でゴール左下に流し込んだ。

 DFセルヒオ・ラモスが負傷により招集外となっているレアル・マドリードは25分にカゼミーロが、26分にはヴィニシウス・ジュニオールが狙うが、いずれも得点に結びつけることはできず。追加点を狙うセビージャは44分、パプ・ゴメスのクロスにジュール・クンデがヘディングで合わせるが、これはGKティボー・クルトワにセーブされた。

 1点ビハインドで後半へ折り返したレアル・マドリードは65分に決定機。ルカ・モドリッチがエリア手前から浮き球のスルーパスを送ると、エリア内左に走りこんだトニ・クロースがダイレクトで折り返す。これにヴィニシウス・ジュニオールが合わせたが、ゴールポストに嫌われた。

 圧力をかけるレアル・マドリードは67分、ついに同点弾を奪う。クロースからエリア内右のマルコ・アセンシオにラストパスが入ると、これを左足でダイレクトシュート。ボールはゴール右に吸い込まれた。

 しかし、セビージャはこのままでは終わらない。74分、CKの流れからエデル・ミリトンのハンドを誘発してPKを獲得する。一時はプレーが続行されたが、VARが介入した結果、セビージャにPKが与えられる。78分、ラキティッチがこれをゴール右下に決めて勝ち越しに成功した。

 レアル・マドリードも意地を見せる。後半アディショナルタイム3分、エリア手前からクロースが右足でシュートを放つと、ボールはジエゴ・カルロスに当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。土壇場でレアル・マドリードが同点とした。

 試合はこのまま終了。先手を取られる展開となったレアル・マドリードだったが、クロースの劇的同点弾でドローに持ち込んだ。レアル・マドリードが勝ち点75ポイントで2位をキープし、セビージャも4位のままとなっている。

 次節、レアル・マドリードは13日にアウェイでグラナダと、セビージャは12日にホームでバレンシアと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2-2 セビージャ

【得点者】
0-1 22分 フェルナンド(セビージャ)
1-1 67分 マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)
1-2 78分 イヴァン・ラキティッチ(PK/セビージャ)
2-2 90+3分 オウンゴール/ジエゴ・カルロス(レアル・マドリード)

関連リンク

  • 5/10 5:59
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます