馬体重+66kgの592kgで出走、1986年以降のJRA最高体重増記録

 9日の新潟6R・4歳上1勝クラス(ダ1800m)でボンディングタイム(牡4、美浦・黒岩陽一厩舎)が、馬体重+66kgの592kgで出走。1986年以降のJRAでは、最高プラス体重での出走となった。

 従来の最高プラス体重は64kg。2000年1月8日の中山8Rに出走したケイユウレーサーなど3頭が記録している。

 また、最高マイナス体重での出走は、2002年7月28日の小倉2Rに出走したライトハンドで70kg(506kg→436kg)。

 ボンディングタイムは父Kitten's Joy、母Imagistic、母の父Deputy Ministerという血統。前走は昨年3月21日の3歳未勝利戦で13着。今回が1年2ヶ月ぶりの出走だった。

 なお、レースでは最下位の15着に終わり、最高プラス体重での勝利記録更新はならなかった。

関連リンク

  • 5/9 13:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます