星座別! 克服するべき、あなたの恋愛的弱点は何?【前編】

恋愛でいつまでも同じ過ちを繰り返すのはもう止めたいですよね。そのためにも自分の恋愛にまつわる弱点をはっきり知っておくとよさそうです。
そこで今回は星座別にみる、克服するべきあなたの恋愛的弱点をご紹介! 前編ではおひつじ座からおとめ座までをお伝えします。

おひつじ座

スキル、独創性、モチベーションなどが全てにおいて高く、天性のリーダーシップを発揮し、人生で大きな成功を収めるポテンシャルを秘めたおひつじ座さん。
ですがその分自己承認欲求が強く、恋愛でも恋人に認められたい、もっと必要とされたいという気持ちにかられることが多いようです。あなたの恋愛的弱点はそんな“かまってちゃん”になりがちなところ。恋人から思い通りのリアクションを得られなくても、すねたりしないで!

おうし座

向上心が高く、常に目標に向けて一生懸命努力するおうし座さん。いざという時に助けてくれる頼もしい存在として、周りの人からの信頼を勝ち取っています。
ただし恋愛的弱点としては自分の考えや気持ちにこだわりすぎて、意地を張ってしまうところ。そのためケンカしてもなかなか謝ることができず、関係を悪化させてしまうこともあります。恋人ともっといい関係を築くためにも、より柔軟に、時には妥協することも覚えましょう。

ふたご座

スマートで笑いのセンスもバツグンなふたご座さんは、どんな人とでもすぐに打ち解けて仲よくなれる社交性の持ち主です。異性同性を問わず、磁石のように相手を惹きつける魅力があるので、モテることは間違いありません。
ただしふたご座という名が示すように、その時々で気分やムードで態度や考えがコロコロ変わる二重人格的な部分があるのも事実。それが恋愛的弱点とも言え、相手から敬遠されてしまうことがあります。

かに座

共感力が高く、常に人の気持ちを思いやる能力に長けたかに座さん。傷ついている人を労わり、励ます優しさと愛情深さが際立っています。しかしその分、感情に左右されやすいところも。
恋愛では相手にわかってもらえないとフラストレーションを抱え、自分の殻に閉じこもって、コミュニケーションを断絶してしまう幼稚さがあります。相手の心に寄り添うことも大事ですが、自分の気持ちも相手にわかってもらえるよう努力して!

しし座

天性のカリスマ性があり、常にみんなの中心的存在となっているしし座さん。人気者で、愛され体質なのですが、それに甘え過ぎてしまうと恋愛的弱点として表れてきます。
それはいつでも注目される存在なので、恋人にも“私だけを見て!”という欲求が高く、相手を辟易させてしまうことが。彼からの愛情表現が足りない、なんて子どもっぽい思いに囚われず、もう少し大らかに、大人な態度でいることも必要です。

おとめ座

勤勉で、完璧主義者として知られるおとめ座さん。面倒見がよく、周りの人からも頼られることの多い“しっかり者”キャラです。
とはいえ、その完璧主義が恋愛では裏目に出てしまい、自分の高い理想に相手を付き合わせようと振り回すようなところが、恋愛的弱点。自分にとっては理想的でも、相手が同じように考えているとは限りません。大切なのは自分の理想を押しつけず、ふたりでベストなバランスを探ってゆくことです。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/9 11:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます