「太だ」=「ふとだ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

漢字は日本語に必要不可欠な存在ですが、生活に身近なものはごくわずかですよね。そこで今回は、普段の生活の中で使われる言葉の難読漢字をご紹介。読める漢字がいくつあるかチェックしてみてくださいね。

(1)「太だ」


まずご紹介するのは「太だ」という漢字です。「ふとだ」と読んでしまった人もいるのではないでしょうか…!普通に読むとそうなりますが、実はこの漢字「はなはだ」と読むんです!「激しいさま」「ひどく」などを意味する言葉で、「甚だ」と同じ意味で使うことができます…!

(2)「蜉蝣」


「蜉蝣」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字はある虫の名前を表しています。さて、それは一体どんな虫なのでしょうか…!それでは正解を確認していきましょう。この「蜉蝣」という漢字は「かげろう」と読みますよ。トンボのような見た目をしていますが、ひらひらと飛びます。

(3)「男鰥」


「男鰥」という漢字はなんて読むか分かりますか?この言葉はあまり聞いたことがないかもしれません…!それでは正解を確認していきますよ。この「男鰥」という漢字は「おとこやもめ」と読みます。「男鰥」とは、妻を失ってひとり暮らしをしている男性のことを表していますよ。

(4)「所以」


「所以」という漢字はなんて読むか分かりますか?「しょい」ではありませんよ…!では正しくはなんと読むのでしょうか。この「所以」という漢字は「ゆえん」と読みます。「所以」とは、「わけ」「いわれ」という意味です。会話の中では聞いたことがある言葉でも、漢字になるとまったく読むことができませんよね。簡単そうに見えて意外と難しい漢字なので、ぜひ覚えてみてくださいね…!

難読漢字の読み方も覚えてみて♡


今回紹介した難読漢字はどれも難しいものばかりでしたね…!読めなかった漢字も、これを機に覚えてサラッと読めるようになっちゃいましょう♡

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/9 10:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます