現役アイドル前田美里「ひなくりはディズニーっぽくて、異世界に連れていってくれる感じがします」【画像45枚】「坂道が好きだ!」第71回

拡大画像を見る

アイドルで坂道オタ! 前田美里の「坂道が好きだ!」 第71回

 近年、さらに加熱する坂道シリーズ。その人気は多種多様のファンを生み、ついには同じアイドルながらにアイドルを推すという熱烈な「坂」ファンが現れた。それが坂道オタ界隈でもガチ勢と認められるグラビアアイドル前田美里だ。彼女とともに坂道の魅力に触れていきたい。

■「ひなくり2020」は『ルイージマンション』と似ている

――続いては昨年12月24日に開催された日向坂46の「ひなくり2020 ~おばけホテルと22人のサンタクロース~」についてです。まず全体的な感想としてはどうでしたか?

「ひなくり」は毎回ストーリー性があるから今回はどんな感じになるんだろうって気になってたんですけど、またすごいファンタジーな感じで来たなって思いましたね。あと個人的には、「おばけホテル」っていう世界観が『ルイージマンション』(※ゲームソフト)っぽいなーって(笑)。私、ルイージマンションやってるので、新しく出た『3』の感じとすごい世界観が似てるなって思いながら観てました(笑)。

――それは面白い視点ですね(笑)。演出面でいうと「ひなくり」はディズニーの世界感を意識して作られている印象も受けます。

 そうですよね! オープニングのBGMもそうですし、最初の英語のナレーションとかがすごいディズニーっぽいので、ホントに異世界に連れていってくれる感じがします。あと最近AR演出みたいなのもやってるじゃないですか? それもすごいファンタジー感あるし、無観客でしか出来ない演出だなって思いましたね。

――客席がないぶん、メンバーが会場を動き回ってましたしね。

 会場全体を使ってて、それもすごい面白かったです。でも観ながら「ここに客席があったらなー」ってずっと思ってましたね(笑)。あとは個人的に、若林さん(若林正恭)との絡みがライブで見られたのは嬉しかったです。まさかこんなところで声を聞けるとは(笑)。

――若林さん演じる“ポカ”はメンバーに状況を説明したあと、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)のノリでメンバーをイジっていました(笑)。

 そうですね。“贔屓メンバー”のやりとりも日向坂らしいなって思いましたし、日向坂とオードリーならではのバラエティ溢れる感じで良かったなと思いましたね。

■上村ひなのに対する変な親心

――「ひなくり2020」で前田さんが印象に残っているシーンは?

 個人的にメイドさんの衣装が「めっちゃかわいい!」と思いました! あとは富田鈴花ラップが毎回恒例になっているから、ラップキャラをいいポジションで出来てよかったなって。

 途中、心折れそうになってた時期もあったけど。それがだんだんキャラ付けされてって、今では日向坂のライブに欠かせないものになってますからね。(上村)ひなのちゃんも大活躍してましたね! 一人二役で大変そうだったから「頑張って!」って思いながら観てました。

――そのとき前田さんは「『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』で去年のひなくりを思い出した」という旨の実況ツイートをしてましたね。

2019年の「ひなくり」で『小説』を初めて聞いたときに、「ひとりでスゴイ頑張ってるなぁ。ガンバレガンバレ~」みたいな感じで観ていたんですよ。それから1年経って、また「ひなくり」でこの曲を聴けたのが嬉しかったですし、ひなのちゃんの1年間の成長みたいなものも感じられました。「(今年も)ガンバレガンバレ!」みたいな(笑)。変な親心になってきますね(笑)。

――ファンの間で特に反響が大きかったのは『まさか偶然…』だったんじゃないかと思います。

あそこはやられましたね……。終始、松田この(松田好花)がずっと涙ぐみながら歌っていたから熱い想いを感じたし、そこで花ちゃんズの絆みたいなものをすごく感じられました。あと愛萌(宮田愛萌)が影ナレをしてたのも良かったなーって思いましたね。すごいTwitterも沸いてましたから(笑)。

■東京ドームで観たかった

――「ひなくり」は本編でメンバーがMCをしないところも特徴的です。

 そうですね。本編のナレーションをみんなで順番に声をあててるのもいいなって思います。ホントに世界観に引き込まれる、テーマパークっていう感じのライブで。

――着ぐるみのキャラクターがメンバーに混ざって踊ったりするのも日向坂46ならではですね。

 公式ページでキャラクター紹介をしてるのもいいなって思いましたし、ほんとかわいかったですね。だからこそやっぱり、これを東京ドームという場所で見たかったな~ってすごく思いました(笑)。

――いいライブだっただけにそうなっちゃいますよね……。

 1年前の「ひなくり」の発表を思い出すと余計そう思っちゃいます。「ドーム決定だ~!」とか言ってたのに、1年後にまさかこんな日常になってしまって、家で観ているとは思わなかったので……(笑)。

■「ひなくり2020 ~おばけホテルと22人のサンタクロース~」セットリスト

1:NO WAR in the future 2020
2:ドレミソラシド
3:ただがむしゃらに
4:まさか偶然…
5:川は流れる
6:どうして雨だと言ったんだろう?
7:ソンナコトナイヨ
8:こんな整列を誰がさせるのか
9. :Dash&Rush
10:この夏をジャムにしよう
11:窓を開けなくても
12:See Through
13:キツネ
14:一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない
15:キュン
16:My fans
17:誰よりも高く跳べ!2020
18:アザトカワイイ
19:JOYFUL LOVE
20:日向坂

<アンコール>
21:青春の馬
22:約束の卵2020

(取材・文=鎌形剛)

関連リンク

  • 5/9 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます