「もしかして元カレの影響?」とジェラシーを感じた瞬間9パターン

彼氏といるとき、ふと元カレの名残りを感じさせる言動をとってしまうことはないでしょうか。彼氏と気まずくなりたくなければ、こうしたうかつな行動はぜひとも避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性165名に聞いたアンケートを参考に「『もしかして元カレの影響?』とジェラシーを感じた瞬間9パターン」をご紹介します。

【1】「あの年のドラフトは…」と解説するなど、スポーツの知識がヤケに豊富だったとき
「『あの選手、ボランチよりもアンカー向きだと思わない?』と同意を求められても」(20代男性)というように、野球やサッカーなどに造詣が深い女性に、男性は違和感をおぼえるようです。不自然なほど詳しいネタはなるべく封印しましょう。

【2】「私はコレ苦手なんだけど」と言いながら、好きでもない料理を手早く作ったとき
「しょっちゅう作ってたんだろうなとピンときた」(20代男性)など、好みと異なる料理の手際が良すぎると、男性は不審感を抱くようです。以前の得意料理は忘れて、あらためて今の彼氏の味覚に合わせた手料理をマスターしたいところです。

【3】「これ新シリーズだよね」と、メンズブランドに妙に詳しかったとき
「タグも見ないで当てやがった」(10代男性)というように、メンズファッションについて予想外に精通しているのも、元カレの存在を感じさせてしまうようです。「兄が好きだから」など、説得力のある理由でごまかしましょう。

【4】「私、こっち側がいい」など、手のつなぎ方にうるさかったとき
「右手をつなごうとしているのに、左手側に回ろうとする」(20代男性)など、元カレとの癖がつい出てしまうのも、危険信号かもしれません。「私右利きだから」などと、もっともらしい事情を説明するといいでしょう。

【5】「この香りはショートピースね」など、自分は吸わないのに通なタバコを嗅ぎ分けたとき
「懐かしそうな表情がむかついた」(20代男性)というように、男性的なアイテムに関して博識ぶりを発揮すると、波風を立ててしまうこともあるようです。未練があると思われていいことはないので、むやみに知識をひけらかすのは控えましょう。

【6】「ここは壁抜けの技だね」など、話題に出たことのないゲームの攻略法を熟知していたとき
「一緒にやってたんだなと思う」(20代男性)など、元カレと過ごした時間を彷彿とさせるような発言も、タブーかもしれません。「弟がこのゲームにハマっていたから」など、言い訳を用意した上でなら、腕前を披露するのもアリでしょう。

【7】「今走ってたのTZR50だったね」など、レアなバイクの型を瞬時に言い当てたとき
「このスピードで判別…相当訓練を積んでいる気がした」(10代男性)というように、前の彼氏の趣味を引きずっていることを不愉快に感じる男性もいるようです。たとえ自慢したい特殊技能だったとしても、なるべく隠しておいたほうがよいでしょう。

【8】「真っすぐ行けば海だから」など、行ったことがないはずの旅行先で土地勘があったとき
「前の彼氏と入ったらしい店に連れていかれた」(20代男性)など、旅先に元カレの影がちらつくことで、せっかくのバカンスが台無しにされたと思う男性もいるでしょう。「前に友達と来た」などとごまかすことで、必要以上に嫉妬心を刺激しないほうが無難かもしれません。

【9】「ミックスピザをラージで」などと、初めてのはずのラブホなのに手慣れた様子で注文したとき
「真っ赤な顔でうつむいててほしかった…」(20代男性)というように、経験豊富な様子を嗅ぎ取られても、いいことはなさそうです。嫉妬深いタイプの彼氏の前では、多少カマトトぶったほうが、好感を持たれるでしょう。

たとえ前に付き合っていた男性がいたとしても、その名残りを今の彼氏に感じさせるのは、ある意味マナー違反といえるでしょう。この機会に自分の言動を見直してみるとよいかもしれません。(倉田さとみ) 【調査概要】 期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで 対象:合計165名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/9 16:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます