チェルシーは今夏ケイン獲得へ? ハーランド、ルカクもリストアップか

拡大画像を見る

 チェルシーは今夏、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン獲得を狙う可能性があるようだ。8日、イギリスメディア『フットボールインサイダー』が報じている。

 2020年夏の移籍市場でライプツィヒから獲得したドイツ代表FWティモ・ヴェルナーをはじめ、センターフォワード陣の働きに不満を抱くチェルシーは、ケインを今夏のトップターゲットとしてリストアップしているようだ。

 そのケインに関しては以前友人にトッテナムを離れたいと告げた噂が流れており、カラバオ・カップ決勝での敗戦、また信頼を寄せていたジョゼ・モウリーニョ前監督の解任がその気持ちに拍車をかけているという。

 他にもチェルシーはドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、以前チェルシーに所属していたインテルのベルギー代表FWロメル・ルカクも補強候補としてリストアップしているとのこと。今夏の動向に注目が集まっている。

関連リンク

  • 5/9 12:39
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます