嵐・二宮のYouTubeが絶好調の裏で、あの「辞めジャニ」の再生数は落ち込む一方…

 国民的アイドルグループ・嵐のメンバー・二宮和也がYouTubeチャンネルを立ち上げて1カ月が経った。

 現在チャンネル登録者数は233万人を超え、総再生回数は5000万回を超えるなど、驚愕の数値を叩き出している。この数字は、現役メンバーやジャニーズを去った多くのタレントたちと比較しても群を抜いている。

「企画はいたってシンプルで、タイトルやサムネイルにも凝った作りはないものの、逆にそれがYouTubeらしくなく、古参ファンも安心して見られる動画となっているのも人気の一つのようです。特に、KAT-TUNの中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨、Hey!Say!JUMPの山田涼介と、メンバーが揃った28日の動画の再生回数は713万回を超えており、世間から注目を集めています」(YouTubeライター)

 一方で、同じジャニーズのグループに所属していたものの、YouTubeで苦戦している人物もいるようで……。

「NEWSの元メンバーでタレントの手越裕也です。彼は、ジャニーズ事務所を退所後の2020年9月に公式YouTubeチャンネルを始動。開始早々、記者会見の様子を生配信するなど話題となりましたが、最近は10万再生足らずと目に見えて再生回数が下がっています。また、脱毛サロンの経営にも乗り出したこともあり、ファンからは、『ジャニーズを辞めてまでやりたかったことって何?』『最近の手越くんは迷走している気がする』と、ツッコミが殺到しています。YouTubeでは、雨上がり決死隊・宮迫博之や、人気YouTuberのヒカル、そして格闘家の朝倉未来ともコラボ動画を出していますが、彼らとはファン層が違うため、コラボ動画は再生されたとしても、そのファンが手越のチャンネルに流れなかったのも、再生回数が伸びなやむ理由でしょう。事務所を退所しているため、二宮のように他のジャニーズのメンバーをゲストに呼ぶことができないのもネックとなっているのでは」(前出・YouTubeライター)

 以前の動画で、最高月収は1億円以上と答えていた手越。今後も、その収入が落ちぬよう再び視聴者の心を掴む動画を投稿してもらいたいものだ。

  • 5/9 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます