日本全国・ご当地グルメのバイヤーが選ぶ「超優秀おつまみ&スイーツ」6選

拡大画像を見る

 自宅で過ごす時間が長いと、ついお酒に手が伸びてしまいがち。たまには休肝日を作らないとなぁと思いつつも、ビールの栓を開け、炭酸が弾ける音を聞く瞬間ほど心躍ることはありません。

 つまみには枝豆をデフォルトで添えていますが、本音を言えば「うまい酒には、うまい肴をあてがいたい」。そんな心の叫びを知ってか知らずか、編集部Mに「全国各地のうまいものを知り尽くした男性に会いに行かない?」と誘われて訪れたのがこちら。

全国各地のうまいものを知り尽くした男、その正体は!?

 2013年にオープンした、東京・秋葉原にある食のテーマパーク『日本百貨店 しょくひんかん』です。“全国津々浦々の食べるを楽しむ”をテーマに、日本全国400社を超える作り手と直接やりとりしながら揃えた、地元で愛される知られざる逸品を扱っています。

 こちらが、全国のうまいものを知り尽くした男こと、蓑島 学さん。『日本百貨店』のバイヤー兼、秋葉原店の店長を勤めています。作り手の想いや商品のこだわり、おすすめポイントなど軽妙なトークを交えつつ、店内にあるおすすめ商品をご紹介いただきました。

 例えばこちら。「もっちりしみしみ煎餅」は、『日本百貨店』でしか買えない商品です。昭和27年創業の『大一米菓』と開発したもので、ネーミングの通り、味はしみしみ、食感はお餅並みにもっちり。「しみせん好きなら一度は試していただきたい自信作です。」(蓑島さん)

「ご飯のお供系は常に人気があります。これも美味しいんですよね~」と商品を手にする蓑島さん。

 都道府県別にブースが分かれていて、ごはんのお供に特化した商品や缶詰だけを集めたコーナーなどもありました。膨大な商品群から選りすぐりのものを選ぶのは一苦労なので、蓑島さんと回る日本百貨店ツアーみたいな企画あったら流行りそう! 紹介いただく商品全部が美味しそうなのですもの。

 北は北海道、南は沖縄県まで、定番からニッチな商品も取り扱っていました。気になる商品があちらこちらにあって、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

 レイアウトにもこだわっていて、見ているだけでも楽しかったです。今回は筆者のリクエストで、“お酒のおつまみにも最適なスナック&スイーツ”をご紹介いただきました。目移りしまくりましたが、店長さんイチオシのおつまみが、こちらでーす!

おつまみ編:「南部せんべい」の進化版「八戸せんべい」(青森)

 まずはビールに合うおつまみから。筆者が愛してやまない「南部せんべい」の進化版、「八戸せんべい」をご紹介しましょう。南部せんべいと言うと断然胡麻派でしたが、もはや胡麻でもピーナツでもなく、チーズ味が誕生していたとは! 水あめ挟んで食べていた子ども時代から考えると、こんなに垢抜けた姿と出会えて感動です。

 焼きタイプ、揚げタイプの2種類で、揚げの方は通常の南部せんべいよりも軽い食感で、スナック感覚で食べられます。焼きタイプは南部せんべい特有のパリパリのはじっこの大きいバージョン! こちらもつまみにぴったりです。

ニンニクとピーナッツのスナック「にーぴな マニア(塩味)」(鹿児島)

 次は、鹿児島県産ニンニクとピーナッツのおつまみスナック「にーぴな マニア(塩味)」。台湾にあるニンニクとピーナツのスナックを再現した商品。一般に出回っていない真空フライヤーを使い、油をまとわせながら水分を飛ばすので、ニンニク本来の香りを保ちつつ、旨味は凝縮! いまだかつて体験したことのないサクサク食感です。味はもちろんのこと、技術力の高さにも感嘆する一品。圧倒的に塩味が人気ですよ。

感動ものの美味しさ!「カリポリ貝ひも チーズ味」(青森)

 青森県・陸奥湾産ホタテの貝ひもを香ばしく揚げた、その名も「カリポリ貝ひも」。水産がさかんな青森県で誕生した、これぞ酒ドロボウな一品。カリポリのネーミングの通り、食感は最高! 貝ひもの旨味がギュッと詰まっていて、噛めば噛むほどに広がります。これは、言葉を失う美味しさでした。

 貝柱よりも貝ひも好きの人なら確実にハマる味です。今回は店長おすすめのチーズを選びましたが、マヨネーズ味やガーリック味、醤油バターなどフレーバーも豊富。全味制覇したくなるほど、ハマってしまいました。

 お次はスイーツに参りましょう。ワインと合わせても楽しめる品を選んできました。

スイーツ編:店舗で大人気!『梅月堂』の「ラムどら」

 大正10年創業、鹿児島の老舗菓子店『梅月堂』が作る大人のどら焼き、その名も「ラムどら」です。働く女性のご褒美に、というコンセプトのもとに誕生。ラム酒「マイヤーズ」のダークラムに漬けたレーズンと、北海道産の大納言小豆で炊いた餡を合わせた技アリの一品です。

 粒の大きなレーズンの存在感がスゴイ。皮のふわふわ感もたまりません。甘さ加減も程よく、ラム酒の香りで心もリラックス。あぁ、確かにこれを食べたら、明日も頑張れる気がします。

『日本百貨店』プライベート商品の「たかはしさんのフィナンシェ(そば粉)」

 こちらは『日本百貨店』のプライベート商品「たかはしさんのフィナンシェ(そば粉)」。バターとアーモンドたっぷりの生地に、そば粉とそばの実を加えているので、そばの風味が芳醇に香ります。生地はきめ細やかで、甘みもしっかり。大人好みの味わいです。

菓子工房『佳豊庵』(岡山)の生クッキー「サラミーノ」

 こちらは珍しい生クッキーの「サラミーノ」(340円)。岡山県で菓子工房と農家を営む『佳豊庵』の商品です。イタリアの伝統菓子をお手本にしており、簡単に言えば焼く前のクッキー生地のような一品。舌触りも滑らかで、口どけも良く、甘さの加減も絶妙です。ラインアップは抹茶、きなこ、チョコレートの3種類で、どれもワインとの相性は抜群でした!

『ホトトギスファーム』(岡山)のグルテンフリーな「ブラウニーのはじっこ」

 はじっことは、なんて魅力的な言葉なのでしょう。味は本家と一緒なのに、価格は控えめ。食パンやカステラなら、はじっこの方が香ばしく焼けている場合もあるので好む人も多いでしょう。そんな“はじっこ好き”の心をくすぐる商品が、岡山県にある『ホトトギスファーム』の「ブラウニーのはじっこ」詰め合わせです。

 自家栽培の米、地鶏卵を使用した小麦を使わないグルテンフリーのブラウニーで、玄米粉の香ばしさが印象的! 米粉特有の重さがなく、食感は軽やか。口溶けも良く、フランス産の高級カカオニブ&カカオマスが濃厚かつビターな味わいを奏でます。黒きなこと抹茶など様々な種類のはじっこが混ざっているので、一袋でいろんな味を楽しめるのもポイントです。

『日本百貨店』は、1か所に各都道府県のうまいものが集結している奇跡のような空間。どの商品も、バイヤーたちが実際に現地に足を運んで見つけてきた逸品ぞろいで、本当にこだわりが詰まっていてどれも美味でした! 都心でグルメ巡りを楽しみたい時には、ぜひ足を運んでみてください。

(撮影・文◎亀井亜衣子)

●DATA

日本百貨店しょくひんかん

住:東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA(ちゃばら)内
TEL:03-3258-0051
営:11:00~20:00
休:元日、6月・11月の第一水曜

関連リンク

  • 5/9 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます