前田敦子「クヨクヨしている暇はない」“母”としての精神的な変化を語る

拡大画像を見る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。4月28日(水)の放送は、前田敦子さんが登場。成田凌さん主演の映画「くれなずめ」(近日公開予定)に出演する前田さんが、“母”になって変わったことを語りました。


前田敦子さん



◆母になって変わったことは?

――番組が用意したランダムな質問にゲストが答える「拝啓、なじみたち」のコーナー。今回、前田さんが引いた質問は「母になって変わったことは?」。

坂本:どうでしょうか? まずショートヘアになりましたね。かわいいなと思って、さっきから見ていました。

前田:ありがとうございます。切りたくなって。また短いですけど。

坂本:去年の夏くらいでしたっけ。バッサリと。

前田:そうですね。誕生日を過ぎたあたりくらいに切りました。楽ちんなのが良いなって。

坂本:これは母になってから?

前田:そうです。

坂本:朝も(ドライヤーで髪を乾かす時間が)15分くらい違いますしね。

前田:違いますね。夜も、逃げていく子どもに寝る準備をさせて……っていうことをしていたら、意外と乾いちゃいます。ショートだと“楽だー!”ってなりますね。

◆子どもと一緒に日々成長

坂本:お仕事をしつつ、お子さんも育てて忙しい毎日だと思いますが、そのバランスは、どうやって取っていますか?

前田:子どもがいろんなものに興味を持って、前に前に……っていう姿を見ていると、すごく自分も励まされるというか。勉強になるんですよね。“そっか、こういうふうに人生を楽しんだほうが絶対に得だな”って。子どもを見ていて、いつも思います。だから、一緒に進んでいる感じがすごくするんですよね。子どもも日々成長。1分1秒成長しているなってすごく感じるので、“私も負けていられないぞ”っていうのが活力ですかね。

坂本:嫌なことも引きずらないしね。

前田:そうなんですよね。ウワーッて泣いていたと思ったらケロッとして、違うものに興味がうつったりするじゃないですか。

坂本:救われますよね。

前田:救われます。素晴らしいなって思います。

坂本:本当に学ぶことばかりです。

前田:ですよね。

坂本:母としての変化は、精神的なことでもありますか?

前田:クヨクヨしている暇はまったくないですよね。だから、あまり物事を一つひとつ重く考えないようになりました。子育てには、“まーいいか”っていうのが、すごくちょうど良い言葉かなって。“まーこんなこともあるよね”みたいな。

坂本:私もたまに、あえて口に出して言うんですよ。「まーいいか!」って。

前田:結構楽になりますよね。

坂本:うん。いろんなものを成仏させることができる。

前田:分かります!

* 

前田さんが出演する映画「くれなずめ」の公開情報は、公式サイトをご確認ください。

来週のゲストは5月10日(月)小柳ルミ子さん、11日(火)小倉久寛さん、12日(水)堀込泰行さん、13日(木)=LOVE(イコールラブ)です。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

関連リンク

  • 5/9 11:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます