ウィリアム王子、シャーロット王女(6)の成長ぶりに胸中複雑か「まるで16歳のよう」

拡大画像を見る

今月2日、英王室ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻の第2子シャーロット王女が6歳の誕生日を迎えた。毎年恒例の母キャサリン妃撮影による王女の最新写真が公開されると、ウィリアム王子やエリザベス女王との酷似ぶりや、故ダイアナ妃に似てきたといった声が多く寄せられたほか、

「急に大人っぽくなった。」
「ずいぶん印象が変わった。」

など王女の成長ぶりに言及するコメントが多数寄せられた。

現地時間4日に公務でウォルソールを訪れた際には、愛娘の誕生日から2日後というタイミングだったこともあり、周囲からシャーロット王女の誕生日について尋ねられたウィリアム王子。誕生日当日は知り合いを1家族招いて屋外で過ごしたそうで、コロナ禍の規制もあり大規模な集まりは催せなかったものの「娘が最大限に楽しめるよう務めた」ことや、シャーロット王女にとって「楽しい一日になった」ことなどを明かした。

今年公開されたシャーロット王女の最新写真では、髪を無造作におろしているせいか雰囲気がガラッと変わっており、大人びた印象だ。どうやらそう感じたのは、父親のウィリアム王子も同じだったもよう。王子は人々に、

「(年齢を)尋ねられたら、娘は16歳だと言うでしょうね…。」
「子供の成長はあっという間ですね。」

と本音を漏らしたそうだ。

早くも“ティーンエイジャー”への憧れを抱く1人娘のシャーロット王女から、“父親離れ”の前兆のような素振りを見せられているウィリアム王子。昨年12月に王女がレッドカーペットデビューを果たした際にも、繋いでいた父親の手を解きど真ん中を歩いていくシャーロット王女と、そんな自立心旺盛な娘に少々動揺した様子を見せるウィリアム王子のやりとりに、

「女の子パパのあるあるだね。」
「娘に二度も拒否されて、手持ち無沙汰な右手がちょっと切ない。」

と注目が集まっていた。

ちなみに今年のバースデーポートレートでシャーロット王女が着用した「Rachel Riley」のフローラル柄のプリントドレスは、写真公開からほどなくして即完売したという。同ブランドのデザイナーは、“キャサリン妃効果”ならぬ“シャーロット王女効果”について、

「王女が今後、成長とともにスタイルを確立していかれる様子を見届けるのが楽しみですね。」
「シャーロット王女もお母様同様、“スタイル・アイコン”となられることは間違いないでしょう。」

と今から一目置いているようだ。

画像は『The Royal Family 2021年5月2日付Instagram「Wishing Princess Charlotte a very happy sixth birthday today.」』『Duke and Duchess of Cambridge 2020年12月11日付Instagram「The Duke and Duchess and their family attended a special pantomime performance of The National Lottery’s Pantoland at The Palladium」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 5/9 10:34
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます