オウルテック、アウトドアや災害・非常時に安心の超大容量バッテリー

拡大画像を見る

 オウルテックは、大容量ポータブル電源「PORTABLE POWER STATION(ポータブルパワーステーション)」として、容量11万2000mAhの「OWL-LPBL112001-BK」、容量17万2800mAhの「OWL-LPBL172801-BK」の2機種を、5月14日からオウルテックダイレクトおよび一部販売店にて発売する。価格は、前者が4万4880円、後者が6万6880円。

 PORTABLE POWER STATIONは、災害時やアウトドアでも電気製品を使えるようにするポータブル電源。
 OWL-LPBL112001-BKとOWL-LPBL172801-BKとともに、ACコンセント×2基、USB Type-A×3基、USB Type-C×1基(PD対応、出力100W)、DCシガーソケット(直径5.5×2.5mm)×2基など、多彩な出力端子を備えており、さまざまな機器を接続できる。
 また、本体には夜間のアウトドアでの使用や停電時などに便利な、LED照明も搭載している。
 OWL-LPBL112001-BKは、バッテリ容量が11万2000mAh、最大出力は400W。サイズは幅240×高さ192×奥行き196mmで、重さは約5.0kg。
 OWL-LPBL172801-BKが、バッテリ容量17万2800mAh、最大出力は600W。サイズは幅290×高さ205×奥行き210mmで、重さは約6.8kg。
 5月7~17日9時59分の期間には、オウルテックダイレクト各店舗にて、PORTABLE POWER STATIONおよび同日発売の「ソーラーパネル充電器」を予約・購入する場合は、通常価格の30%オフで販売する、発売記念の特別価格キャンペーンを実施する。

関連リンク

  • 5/9 10:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます