チョコプラ・松尾駿、コンビ結成当時の相方からの愛ある一言に「気持ちワリィ~」

拡大画像を見る

チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)が、5月8日放送の『人生最高レストラン』(TBS系、毎週土曜23:30~)に出演。コンビ結成秘話やお互いの第一印象を語った。

加藤浩次がMC、島崎和歌子が女将、宇賀神メグアナウンサーがアシスタントを務める同番組は、食の話題からゲストの人生を深掘り、素顔&魅力に迫るグルメトークバラエティ。この日は常連客として、YOUも出演した。

吉本興業のNSC東京で同期だった2人は、同じく同期のシソンヌ(じろう、長谷川忍)がコンビを組むきっかけをくれたという。松尾は「僕が誰かと組みたいなと思っていたときに、じろうくんから昼間『長田君と組めば? 多分合うと思うよ』って言われて。で、夜に相方の長谷川の方から『長田くんと組めば?』って言われて、後で聞いたら2人ともそんな話してなかったらしいんですよ」と、偶然にも同じ日に双方から長田をすすめられたと話す。

その日のうちに「組まない?」と連絡したが、長田は「断りました」とキッパリ。「今でこそちょっとぽっちゃりして可愛らしい感じですけど、当時ガリガリに痩せてたんですよ。ツルツルの5厘刈りで眉毛剃っていて怖いと思って」と理由を明かし、それでも面白いとは思っていたので、とりあえずやってみようと軽い気持ちでコンビが結成されたという。

それから16年、紆余曲折の芸人人生ではあったが、遂に大ブレーク。そんな2人が「コンビ愛を実感した人生最高の一品の老舗ハンバーグ」を紹介。渋谷のヨシモト∞ホールの近くにあるハンバーグステーキ専門店「GOLD RU$H」は、売れない下積み時代に2人でよく行っていた店だという。

当時は、吉本の作家がライブの出演権を握っており、2人もネタ見せをしていたが、その作家が長田のことを快く思っていなかったため、ネタ作りをする長田の台本を全く理解してもらえなかったという。そんな時でも、松尾は「絶対面白い!」と言ってくれたと長田は振り返る。

すると松尾が、ハンバーグを食べた帰り、前を歩く長田が振り向かないまま「俺ホンマ松ちゃんと組んでよかったわ」と言われたと感動エピソードを披露。しかし、そのときは「気持ちワリィ~。何でこっち見ないの?」と思ったそうで、長田からは「感動するとこじゃん!」とツッコミが。YOUは「ちょっとカッコつけてるんだよね」と、長田の気持ちにも共感できるとコメントした。

ネット上では、2人の下積み時代の話やコンビ愛、掛け合いの様子に「いいコンビ」「気持ちワリィって言える仲ってのがいい」「気持ちワリィ~がもう大好き~にしか聞こえない」「2人のコンビ愛に泣く」「めっちゃ笑ってちょっぴり感動した」などのコメントが上がった。

次回は5月15日に放送。尾野真千子が出演する。

関連リンク

  • 5/9 10:30
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます