『イチケイのカラス』黒木華、堀北真希妹も…芸能界「アヤシイ熱愛」実態!!

拡大画像を見る

「今はコロナ禍で減っているとはいえ、日々、芸能界ではたくさんの熱愛報道が出ますが、中にはアヤシイものもあります。ツーショットが撮られているものでも、“撮らしている”ケースもゼロではありません。もちろん、そこにはさまざまな事情があるんですが……」(ワイドショー関係者)

 元女優の堀北真希さん(32)の妹でモデル・タレントのNANAMI(26)の熱愛交際を、4月23日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じている。

 お相手の男性はモデルで俳優の柳俊太郎(29)。柳は2009年に『MEN‘S NON-NO』(集英社)のモデルグランプリを受賞してモデルデビュー。

 浅野忠信(47)と出会ったことをきっかけに、浅野らが在籍する芸能事務所に所属して2012年に俳優デビューを果たし、これまで2017年公開の映画『勝手にふるえてろ』、2020年公開の『弱虫ペダル』、4月23日より公開が始まった『るろうに剣心 最終章 The Final』などに出演している。

『FRIDAY』には、東京都世田谷区の路地を楽しそうに歩く2人のツーショットが掲載されている。NANAMIと柳は共通の知人を通じて知り合い、交際が始まったのは少なくとも1年以上前だという。

『FRIDAY』が双方の所属事務所に、2人の交際について問い合わせたところ「プライベートに関しては本人に任せています」と交際を否定しなかった。

「すでに同棲している様子で、近くゴールインする可能性もあると記事では伝えています。ただ、ちょっと通常の報道とは様子が異なる点があるようで……。実は、双方の事務所がワイドショー関係者やスポーツ紙関係者に“『FRIDAY』の記事の後追い報道はしないんですか?”と聞いてきたそうなんですよね……」(女性誌記者)

“堀北真希の妹”NANAMIと、さらに一般的知名度の低い柳の熱愛というのは、芸能人の熱愛報道としては弱いと言わざるを得ない。

「やはり、“堀北真希”という名前がないと成立しないような記事ですよね。そのため、ワイドショーやスポーツ紙サイドは、“コロナのニュースで大変ですし、この『FRIDAY』報道の後追いはない”と回答したようです。ですが、“してもらっても全然かまいませんよ”と、双方の事務所からはあったそうですよ」(前同)

■NANAMIと柳の狙いは“売名”!?

 果たしてNANAMI、柳の事務所の狙いとはいったいなんなのか。

「普通に考えると、この熱愛スクープをきっかけに、名前を売っていきたいという思惑があるのでしょう。さらに、この熱愛報道自体が売名のための“やらせ”ではないか、という噂も飛び交いました。しかし、NANAMIと柳が交際していることは本当で、『FRIDAY』の報道もガチンコとのこと。

 つまり、単純にNANAMIも柳も、この熱愛報道に乗じて、認知度を高めたかったということでしょう。“NANAMI”と言われてもピンと来ないですし、少々可哀相ですが、彼女には永遠に姉の堀北さんの名前が付きまとう。一方の交際相手の柳も映画俳優やモデルとしてキャリアを重ねてきていますが、現状、お茶の間的には“誰?”といった存在です。

 普通は熱愛報道をPRの場には利用しませんが、2人にしてみたら絶好のチャンスなので利用したい、ということがあったんでしょうね」(前出の女性誌記者)

 竹野内豊(50)が主演を務める今クール大注目の月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)。5月3日放送の第5話の平均世帯視聴率も12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、5週連続で2桁台と好調をキープしている。

「同ドラマに主要キャストとして出演中の黒木華さん(31)にも“アヤシイ熱愛話”が報じられた過去があるんです」(前出のワイドショー関係者)

■黒木華&ムロツヨシに“密な関係”報道

 ドラマでは、竹之内が型破りでくせ者の裁判官・入間みちお、黒木が東大法学部出身の堅物エリート裁判官・坂間千鶴を演じている。

 主演の竹野内以上に黒木の演技が好評で、視聴者からは「この春のドラマで一番面白いのは、 イチケイのカラス。黒木華さんの演技最高」「このドラマのいちばん素敵なところは、黒木華さんの“口には出さないけど顔には出てしまうお芝居”(笑)だと思います」と多数の称賛声が寄せられている。

 2020年7月の『女性セブン』(小学館)では、そんな黒木が俳優のムロツヨシ(45)と、一つ屋根の下で“密な関係”にあると報じ、当時、大きな話題を呼んだ。

 記事によると、都心の一等地に建つマンションに黒木が入っていき、それを追うようにムロが帰宅してきたという。ムロは以前からこのマンションに住んでおり、2020年4月に黒木も同じマンションに引っ越してきたようだ。

■熱愛記事も核心には迫らず

「2人は2015年公開の映画『幕が上がる』、2016年放送のドラマ『重版出来』(TBS系)で共演していて、ムロさんはテレビなどでも“黒木さんは家に来る関係”だと話しています。

 一方の黒木さんも“ムロさんとは何時間でも一緒にいられる”と公言している関係です。そのため、2人が恋仲に発展したという報道が出たのでしょう」(前出のワイドショー関係者)

『女性セブン』が2人の関係をそれぞれの事務所に問い合わせたところ、双方とも「特にコメントはございません」という回答だったという。

「結論から言えば、2人は全然つき合っていないということでした。黒木さんは昨年4月にこのマンションに引っ越してきたそうですが、ムロさんも黒木さんの少し前に同マンションに引っ越してきたといいます。しかし、それは本当に偶然だったそうです。

 当時の『女性セブン』の記事でも“交際中”や“つき合っている”という文言はなく、何となくボカしたような書き方をしていましたからね。ただ、ムロさんは黒木さんに好意を持っているという噂もありましたが……」(前同)

 月9ドラマ『イチケイのカラス』で大活躍中の黒木、そして今年秋公開予定の映画『マイ・ダディ』で実写映画初主演を務めるムロ。次の共演があれば、本当に恋仲に発展することもある!?

関連リンク

  • 5/9 8:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます