感謝が大切♡「愛されているのに満たされない」理由とは?

拡大画像を見る


恋人がしっかりと愛情表現をしてくれる、自分との時間を作ってくれる、離れていても連絡してくれて相手にしてくれるのに満たされない気持ちになっていませんか?
恋人から愛されているというのは分かっているのに、気持ちが満たされずに不満や不安が溜まっていってしまい、恋人との関係もギクシャクしてしまうことがあるでしょう。
なぜ愛されていると分かっているのに満たされない気持ちが出てしまうのかその理由をチェックしましょう。


もっと愛されたいと求めている

恋人から愛されていることは理解できていても「もっと愛してほしい」「もっと私だけを見てほしい」などのように「もっと」を求めすぎている傾向にありませんか?
もっと愛されたいと求めていることで、愛されていても満足することができないのです。愛してくれている恋人に対して甘えすぎている可能性もあるでしょう。
愛してくれている恋人に対する感謝の気持ちも、少なくなっています。恵まれた環境にいる自分にも気付けていない可能性がありますね。


自信がない

愛されていながらも、自信を持てないことが原因で満たされないこともあるでしょう。なぜ自信を持つことができないと思いますか?
過去に愛した男性から裏切られている、自分のことなんて愛してくれる人はいないなどのように、何かしら心に抱えているものがあるかもしれません。その結果、相手の愛情が信じられない気持ちにもなっているのでしょう。
自信を失っていると、どれだけの愛情をかけられても満たされません。少しだけでいいので自信が持てる何かを探したほうがいいでしょう。


周りと比べている

愛してくれる彼氏がいながらも、周りのカップルと比べてしまい「周りのほうが愛されているように見える…」と思っていませんか?
そのため「愛情が足りない…」「もっと愛してくれないと嫌」「周りから羨ましいと思われたい」という気持ちが強くなってしまうこともあるでしょう。
周りに幸せそうなカップルがいると、そのカップルへの憧れも強くなってしまいますよね。結果的に彼氏からの愛情が足りないと感じてしまうのです。


好きな相手ではない

相手がとてもあなたのことを愛してくれていたとしても、あなたが相手を愛していなければ満たされないこともあるでしょう。
愛してくれる相手の気持ちを「面倒くさい...」「この人に愛されてもな...」と感じてしまい、自分自身の気持ちを満たすことができなくなっているのです。
この場合は、自分勝手な理由で満たされなくなっているため、相手を深く傷つける前に対処したほうがいいですよ。


愛されることばかり考えるのもダメ

愛されているのに満たされないときは、自分が愛されることばかり考えてはいけません。きちんと相手の愛情表現を理解して感謝するところから始めてみましょう。きっと満たされる気持ちになれるはずです。
(みいな/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/9 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます